現在地

ぐりとぐらのカステラ(絵本とそっくりに作ろう!) レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
17

7

簡単だった

2

節約できたよ

2

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料約4人分

  • ※直径18cmのフライパンでの分量です
  • 薄力粉

    60グラム

  • 3個

  • グラニュー糖(上白糖でも可)

    60グラム

  • 牛乳

    30cc(大さじ2杯)

  • バター

    20グラム

  • フライパンに塗るバターまたはマーガリン

    分量外

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
ぐりとぐらのカステラ(絵本とそっくりに作ろう!)
  • 300円前後

あこがれの「ぐりとぐら」のカステラ。
フライパンで焼きます。

作り方

  • 1

    直径18cm~20cmのフタ付きフライパンを使います。

    あらかじめフライパンの内側全面にバターまたはマーガリンを塗っておきます。(焼き上がったカステラを取り出しやすくするため。)

  • 2

    フライパンに合うフタが無いときは、金属製のボウルやアルミホイルで代用することもできます。

    ただし熱くなるので火傷に注意してください。

  • 3

    薄力粉をふるいでふるいます。

    (混ぜたときにダマになってしまうのを防ぐためです。)

  • 4

    卵を割り、卵黄3個分と卵白2個分をそれぞれ別のボウルに入れます。

    (残りの卵白1個分はここでは使いませんので、別の料理に使ってください。)

  • 5

    バターを湯せんまたはレンジで加熱して溶かします。

  • 6

    ボウルの中の卵黄をほぐして、牛乳、溶かしたバター、グラニュー糖(半量)を加えます。

    グラニュー糖が溶けるまで混ぜ合わせます。

  • 7

    グラニュー糖が溶けたら、ふるっておいた薄力粉を全量加え、さらに混ぜ合わせます。

  • 8

    全体がなめらかで均質になるまで、よく混ぜ合わせてください。

  • 9

    つぎに卵白を泡立てます。
    手でやると大変なので、電動ハンドミキサーがおすすめです。

    ボウルやハンドミキサーに油やバターが付いていると泡立ちにくくなるので気を付けてください。

  • 10

    全体がある程度泡立ってきたら、先ほどの残りのグラニュー糖を全部入れ、さらに泡立てます。

  • 11

    しっかりとかたく泡立ててください。

    ボウルを逆さにしても落ちてこないくらいのかたさが目安です。

  • 12

    泡立てた卵白に8を流し入れます。

  • 13

    ヘラで底の方からすくい上げるようにしながら混ぜ合わせます。

    ボウルの底に混ざってない部分が残りやすいので気を付けてください。

    色ムラが無くなってきたらOKです。

  • 14

    できた生地をフライパンに流し入れます。

    (フライパンにバターまたはマーガリンを塗るのを忘れずに。)

    フライパンを台などの上にトントンと落とし、生地の中の大きい気泡を出します。

  • 15

    フタをして火にかけます。
    火加減はごく弱火。
    これ以上絞ったら消えてしまうというくらいの弱火にしてください。

    火が強いと、生地の中まで火が通る前に底の方が焦げてしまうからです。

  • 16

    【火加減、追記】

    普通のガステーブルだと最弱火でもまだ火が強すぎて途中で焦げ付くことが多いようです。

    ポータブルのガスボンベコンロならぎりぎりまで弱火にできるのでおすすめです。

  • 17

    フタをしたまま、30~60分くらい焼くとふくらんできます。

    フタをするのは蒸し焼きにするためなので、蒸気を逃がさないために、30分くらいまではフタを開けないようにしてください。

  • 18

    焼き上がりの目安。
     ↓
    ・見た目で表面の水っぽさが無くなる。
    ・ふちが焦げてくる。
    ・くしを刺しても何もついてこない。

  • 19

    焼きあがりました。

    絵本と同じきいろいふわふわのカステラ。

  • 20

    裏はこんがり。

    ごく弱火で長時間焼くことで、ムラの少ない焼き色をつけることができます。

    火が少しでも強いと焦げ付いてしまいますから注意してください。

  • 21

    お好みで盛り付けてください。
    写真の例ではホイップクリームを添えています。
    はちみつやジャムをつけてもおいしいです。

    でも、おすすめなのは‥‥

  • 22

    お子さまといっしょなら、絵本の動物たちのように直接フライパンから手でちぎって食べるのが楽しいです。

    ただし、火傷をしないように、フライパンがある程度冷めてからにしてください。

きっかけ

「ぐりとぐら」のカステラを再現したくて試作を重ねました。
オーブンならもっと簡単に焼けるのですが、絵本のようなきいろではなく茶色になります。
見た目を大事にしたかったので、フライパンで焼き、しかも途中でひっくり返さない作り方としました。

おいしくなるコツ

あくまで弱火で、焦らずに焼くのがコツです。

フライパンは小さい18cmをおすすめします。
大きいフライパンだと、均等に加熱するのが難しく、焼きムラが出やすくなります。

焼き時間は、火の強さや火とフライパンの距離によって大きく変化します。

登録されているカテゴリ

食材:
その他の食材 > 粉類 > 小麦粉

レシピID: 1940009574

公開日:2016.02.01

おすすめの公式レシピPR

あなたにイチオシの商品

つくったよスタンプ 11件

おいしかった 7

最近スタンプしたユーザー

  • indy_takeuchi
  • フェリーチェ・ピアット
  • yumi599
  • ミンゴ0356
簡単だった 2

最近スタンプしたユーザー

  • まめ子2622
  • ぷりんライダー
節約できたよ 2

最近スタンプしたユーザー

  • ねぱまま
  • 嶌野彩

つくったよレポート 6件(6人)

  • 2019.02.18

    ・ガスボンベコンロの火を「ボボボボ」と音がするくらい小さくすること
    ・ボールを逆さまにしても微動だにしないくらいメレンゲを硬く泡立てること

    これ重要

    つくレポありがとうございます。
    捕捉情報を書いてくださり、嬉しいです。

    お返事を見る

  • 2018.09.08

    ふわふわに出来て感動!
    1.3倍量で40分焼きました。また作ります♪

    つくレポありがとうございます。
    美味しそうに作ってくださり嬉しいです。

    お返事を見る

  • 2018.03.19

    ふわふわ感はあまり上手くいきませんでしたが、サクサクとしっとりの美味しいカステラが出来ました!

    つくレポありがとうございます。
    カステラのサクサクは美味しいですよね。
    楽しんでいただけたなら何よりです。

    お返事を見る

  • 2018.03.09

    ちょっとこげちゃいましたが、、、またチャレンジします!!膨らみすぎて、蓋がおしあげられてました笑

    つくレポありがとうござます。
    おいしそうです。
    火加減は「こんなに弱火じゃ焼けるわけないよ」というくらいの弱火でちょうどいいと思います。
    よろしくお願いします。

    お返事を見る

レシピへのコメント

関連情報

料理名
カステラ
料理用途
普段の料理

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

おすすめの人気レシピまとめ♪

もっと見る

楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲ぐりとぐらのカステラ(絵本とそっくりに作ろう!)のページ上部へ