現在地
 > 

花豆の煮方

料理の基本 豆知識

花豆は食物繊維がたっぷりなので、色々な料理にトッピングとして少量でも充分に補給できます♪
花豆には紫花豆と白花豆の2種類があります。
紫花豆の特長はホウレンソウより多くの鉄分を含み、白花豆はレモンやゆずより多くビタミンB1を多く含んでいます!
皮が軟らかく栗のようにほくほくした食感と豆の風味がしっかりしているので、ふっくら甘く煮るだけでも美味しいですが、じゃが芋の代わりにスープやサラダ、コロッケ、グラタンも使えます!料理のバリエーションが広げてくれる食材です♪

(文/料理家・井澤由美子)

関連する大豆・豆腐豆類その他の豆のレシピ情報もチェック。

豆知識レシピ
【三温糖を使った、甘さ抑えめの煮方】
【炊飯器を使った煮方】
【圧力鍋を使った煮方】
【シャトルシェフを使った煮方】
【おすすめレシピ】花豆のマリネ
豆知識コラム
【白花豆の特長】
井澤由美子レシピ<ほくほく白花豆コロッケ>
井澤由美子レシピ<なめらか白花豆グラタンの種>
関連コンテンツ
関連する豆知識

【三温糖を使った、甘さ抑えめの煮方】

花豆の煮方

花豆の煮方

材 料(1パック人分)
  • 花豆

    200g

  • 三温糖

    150g

  • 適量

  • ひとつまみ

おいしくなるコツ
煮ている間、水がなくならないようにときどきチェックしてください。
砂糖は控えめにしています。(食べやすくてどんどん口に運んでしまうのですが。。。)
市販のように甘いものをお好みでしたら、砂糖を170~200gで作られたら良いと思います。
  1. 1

    鍋に水を入れ、花豆を1晩うるかします。(しわがあれば伸びます。)

  2. 2

    十分にうるかさったら、そのまま火にかけます。
    弱火で3.5~4時間。

  3. 3

    ざるにあげ、3回くらい洗います。(崩れないように優しく)

  4. 4

    水を切って、鍋に花豆と三温糖、塩ひとつまみを入れ、火にかけ全体的にからめてできあがり。

  1. 5

    (崩れないようにするため)冷めてから容器に移しましょう。
    食べるのは、半日おいたほうが美味しいです。

【炊飯器を使った煮方】

炊飯器にお任せ☆ふっくら基本の紫花豆の茹で方

炊飯器にお任せ☆ふっくら基本の紫花豆の茹で方

材 料(4~5人分)
  • 紫花豆

    200g

  • 適宜

おいしくなるコツ
甘く煮豆に使う場合は、糖分や味付けした汁に入れると固くなってしまうので、手で軽く潰せるほど軟らかいかなぁ~くらいまで炊飯、保温が必要です。豆の量や炊飯器によって炊飯スイッチ1回、保温30分~、調節して下さい。一度たくさん煮て冷凍保存も便利
  1. 1

    紫花豆は水で洗い、豆の二倍以上80度くらいのお湯に浸して30分~1時間放置。この浸水工程は省略可ですが、たまたま炊飯器が空いていなかったので、空くまで浸水しておきました。

  2. 2

    ①の浸け汁ごと炊飯釜に入れ(①の工程省略時は豆の二倍以上の水と共に入れる)炊飯スイッチを入れます。我が家の炊飯器では1回の炊飯で軟らかくなり、30分保温スイッチを入れました。

  3. 3

    硬い場合は、もう一度炊飯スイッチを入れ煮崩れない程度まで煮えたらスイッチを切ります。30分くらい保温スイッチを入れて保温すると、より ふっくらします。手で軽く潰せる程度まで。

  4. 4

    ブログ仲間さんの記事で拝見した食べ方、熱々を塩麹マヨネーズを付けて食べるのも美味しかったです。軟らかくしてあるので甘く味付けたり、シチュー、マリネ、サラダにも、おススメです。

【圧力鍋を使った煮方】

圧力鍋を使って白花豆の甘煮♪

圧力鍋を使って白花豆の甘煮♪

材 料(5~人分)
  • 白花豆

    200g

  • 砂糖

    120g

  • 少々

  • 300cc

おいしくなるコツ
加圧3分後、ふたを開けた状態で、まだ豆が硬い状態ならもう1分加圧してください。あまり加圧しすぎると、煮崩れる場合があります。お砂糖の量はお好みで加減してください。
  1. 1

    白花豆は、たっぷりのお水に一晩つけます。翌日、漬け水は捨て、圧力鍋に豆と所定の量の水を加えて火にかけます。圧力がかかり始めたら、3分で火を止め自然放置。

  2. 2

    圧力が抜けたらふたを開け、水が多い場合は捨てます。砂糖と塩を加えます。鍋をゆすりながら弱火で砂糖を溶かし、沸騰したら火を止め、ふたをして冷めるまで自然放置します。

  3. 3

    鍋全体が冷める間に、お砂糖が自然にしみて美味しくなります。

【シャトルシェフを使った煮方】

シャトルシェフで白花豆

シャトルシェフで白花豆

材 料(3~5人分)
  • 白花豆

    200g

  • 豆の倍量

  • 砂糖

    100g

  • ひとつまみ

  • みりん

    大匙1

  • ★☆前日の仕込み☆★

  • 豆の3倍程

  1. 1

    豆を煮る前の晩に豆の3倍程の水に浸けておいてください。

  2. 2

    シャトルシェフのお鍋に白花豆と水をいれ火をつける。

  3. 3

    煮立ったら弱火で20分位煮る。

  4. 4

    鍋にフタをしてシャトルシェフに入れ3~4時間程入れておく。

  1. 5

    触って豆が柔らかくなっていたら弱火に掛け砂糖を2~3回に分けていれていく(水分が多い様んらヒタヒタまで捨てる)

  2. 6

    最後の砂糖を入れる時に塩ひとつまみを入れ~

  3. 7

    みりんを入れ~

  4. 8

    極弱火で15~20分程煮ていく。

  1. 9

    水分が少なくなりとろりするのが終点。

  2. 10

    出来あがりです。

【おすすめレシピ】花豆のマリネ

花豆のマリネ

花豆のマリネ

材 料(2人分)
  • 花豆をゆでたもの

    200g

  • たまねぎ

    40g

  • ベーコン

    50g

  • りんご

    50g

  • 白だし

    大さじ4

  • オリーブオイル

    大さじ2

  • パルメザンチーズ

    適量

  • あればローズマリー

    1枝

おいしくなるコツ
豆は、大豆やいんげん豆など好みの豆でも美味しいです。
  1. 1

    たまねぎとりんごは薄切りにする。ベーコンは細かく切ってフライパンで弱火でいためておく。

  2. 2

    ボールにすべての材料を入れて混ぜる。
    皿にもりつけてローズマリーをそえる。

関連する人気レシピ

【白花豆の特長】

白花豆は大粒肉厚のいんげん豆です。
食べた時の食感もしっかりしていて、豆の甘さと相まって非常に美味しい豆です♪
甘煮以外でも煮込み料理にも合いますので、茹でた白花豆を冷凍などで常備しておくと、いざと言う時にとても便利です!

井澤由美子レシピ<ほくほく白花豆コロッケ>

TVや雑誌で活躍中のママ料理家・井澤由美子先生のレシピをご紹介!簡単なのにお洒落で美味しいレシピです♪
先生のレシピには、食べ合わせで健康や未病、さらに美容や子供のアレルギー改善にも役立つヒントがいっぱい!ぜひ試してみてください♪

■材料/4人分
白花豆・・・300g
お水・・・1500ccc 
牛乳もしくは豆乳・・・1カップ
鶏ガラスープの素・・・大さじ1
塩こしょう・・・少々
○衣用
卵・・・1個
小麦粉・・・大さじ8
パン粉・・・適量
 
■作り方
【1】白花豆300gを一晩水に漬ける。
【2】 厚手の鍋に【1】の豆と、水を入れ厚手のキッチンペーパーをかぶせて、指でつぶれるくらいまでやわらかく茹でる。途中水が少なくなりそうだったらさし水をする。
【3】【2】のお湯を捨てて、牛乳(もしくは豆乳)を1カップ注ぎ、鶏ガラスープの素と塩、こしょう少々を加えて煮る。水分が少なくなってきたらマッシャーや木べらで潰す。
【4】手にオイルを塗り、種の形を調えて、小麦粉、卵、パン粉の順につけ、中温できつね色になるまで揚げる。

種に旨味を足すために、炒めた玉葱やゆで野菜、ひき肉、ベーコンなどお好みで加えても良いですよ♪

井澤由美子レシピ<なめらか白花豆グラタンの種>

■材料/4人分
白花豆・・・300g
お水・・・1500cc
牛乳もしくは豆乳・・・1カップ
鶏ガラスープの素・・・大さじ1
塩こしょう・・・少々
溶けるチーズ・・・適量
パン粉・・・適量
 
■作り方
【1】白花豆300gを一晩水に漬ける。
【2】 厚手の鍋に【1】の豆と、水を入れ厚手のキッチンペーパーをかぶせて、指でつぶれるくらいまでやわらかく茹でる。途中水が少なくなりそうだったらさし水をする。
【3】【2】のお湯を捨てて、牛乳(もしくは豆乳)を1カップ注ぎ、鶏ガラスープの素と塩、こしょう少々を加えて煮る。水分が少なくなってきたらマッシャーや木べらで潰す。
【4】バターを塗った耐熱容器に入れて溶けるチーズやパン粉をのせてオーブンで焼き目をつけて出来上がり!

種に旨味を足すために、炒めた玉葱やゆで野菜、ひき肉、ベーコンなどお好みで加えても良いですよ♪

その他の豆に関連する豆知識

その他の豆に関連する保存方法、下処理、ゆで方や炊き方など、お料理のコツやヒントを集めました。

楽天レシピメルマガ会員募集中!
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲花豆の煮方のページ上部へ