現在地
 > 
 > 

梨の保存方法

料理の基本 豆知識

梨は乾燥に弱くあまり日持ちのしない果物です。
ポリ袋や新聞紙で包んで冷蔵庫の野菜室で保存し、なるべく早く食べるようにしましょう。
また、冷凍してしまうとベチャベチャとなり、本来の梨の食感が失われてしまいますが「シャーベット」や「ピューレ状」にして食べるのでしたら、冷凍保存も可能です。
こちらでは、変色を押さえる冷蔵保存と比較的長期保存の出来る「コンポート」と「ジャム」のレシピをご紹介します。
関連する果物秋の果物のレシピ情報もチェック。

豆知識レシピ
梨の保存方法~変色を押さえる冷蔵保存~
梨の保存方法~コンポート~
梨の保存方法~ジャム~
豆知識コラム
梨の旬
梨の選び方
関連コンテンツ
関連する豆知識 関連する料理レシピまとめ 関連する作り置きレシピまとめ

梨の保存方法~変色を押さえる冷蔵保存~

りんごと梨の冷蔵庫保存の方法♬

りんごと梨の冷蔵庫保存の方法♬

材 料(2人分)
  • りんご

    1個

  • 1個

  • 小さじ1/4

  • 500ml

  1. 1

    りんご、梨の皮と種をとって、8等分にします。

  2. 2

    大きめのボールに水と塩を入れて軽くかき混ぜ、1を入れます。

  3. 3

    2〜3分置いたらザルにあけて、タッパーなどに入れ冷蔵庫へ。
    色も変わりにくく2.3日持ちますよ♬

梨の保存方法~コンポート~

梨のコンポート

梨のコンポート

材 料(3~5人分)
  • 2個

  • ★水

    200cc

  • ★白ワイン

    100cc

  • ★はちみつ

    大3

  • ★グラニュー糖

    70g

  • ★レモン汁(ポッカレモンでも)

    1個分

  • ★バニラエッセンス

    少々

おいしくなるコツ
梨のコンポートにアイスクリームを添えても~幸せ♡
  1. 1

    梨の皮をむき、適当な大きさに切って、芯を取る。

  2. 2

    鍋に★を入れ、火をつけ一度沸騰させる。
    その中に①を入れる。
    中火にして、クッキングペーパーを落としブタにして、15分煮る。

  3. 3

    15分煮たら、落としブタをしたまま、10分おく。

  4. 4

    300ccの煮汁を残して、
    容器に、汁ごと移して、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。

  1. 5

    ~シロップでゼリーを作る~
    ④の300ccの煮汁を鍋に戻しておく。
    アガー5gと砂糖小1/2を混ぜておく。

  2. 6

    ⑤に砂糖入りアガーを入れ鍋を火にかけ、混ぜて溶かす。
    ダマにならないようにかき混ぜましょう。
    沸騰したら1分間煮て、火を止める。

  3. 7

    容器に移して、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める。

  4. 8

    ゼリーが固まれば・・
    切って添えれば~さらに美味しいです♪

梨の保存方法~ジャム~

梨のジャム

梨のジャム

材 料(2人分)
  • 梨(大)

    1個・500g

  • グラニュー糖

    130g

  • レモン汁

    小さじ2

  • 保存瓶(350ccくらい)

    1個

おいしくなるコツ
砂糖の量はお好みで加減してくださいね。
保存瓶はあらかじめ煮沸消毒しておきます。
梨のコンポート・・1390013703
  1. 1

    梨は縦に4等分に切り、皮をむき芯を取り除き更に縦に半分に切り、8等分にします。

    それを更に薄いイチョウ切りにします。

  2. 2

    (1)をボウルに入れ、グラニュー糖をまぶして30分ほど休ませます。

    砂糖をまぶすと、果汁が出てきます。

  3. 3

    鍋に(2)、レモン汁を加え中火で煮込み、ふつふつと沸騰してきたら中火弱で、かき混ぜながら15~20分煮込みます。

    汁気がなくなりかけたら火を止めます。
    途中アクを取ります。

  4. 4

    あら熱が取れたら、保存瓶に詰めて冷蔵庫で保存します。

  1. 5

    ヨーグルトやトーストしたパンにのせたり、
    アイスにも上品な甘さはおもてなしにもいいですよ。

梨の旬

梨の旬は8月~10月です。
梨は和梨、中国梨、洋ナシの3種類があります。
和梨には「赤梨」と「青梨」があり、赤梨は果皮が茶色いもので豊水や幸水などが代表的です。
一方で青梨は二十一世紀が代表的な品種で、果皮が透き通るような黄緑色が特徴です。

梨の選び方

梨に軸がしっかりと付いて、干からびていないものを選びましょう。
手に持った時にずっしりと重みがあるもの、果皮に張りがあるものが、ジューシーで美味しい梨です。
「赤梨」の場合は、色が濃く、軸の反対側の尻の部分まで褐色に着色しているもの、「青梨」の場合は、透明感があり、より黄色みの強いものを選びましょう。

梨に関連する豆知識

梨に関連する保存方法、下処理、ゆで方や炊き方など、お料理のコツやヒントを集めました。

梨に関連する料理レシピまとめを見る

献立に困ったときに大活躍! 梨に関連する人気レシピのまとめページをご紹介します♪

シャリシャリさわやか「梨」レシピ
シャリシャリさわやか「梨」レシピ

コンポート / ケーキ / スムージー の人気レシピまとめ

楽天レシピメルマガ会員募集中!
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲梨の保存方法のページ上部へ