現在地
 > 

キャベツの切り方

料理の基本 豆知識

サラダに炒め物、煮込み料理…キャベツは食卓登場回数がとても多いですね。
そんなキャベツの切り方をおさらいしてみましょう。
内側の葉は柔らかく甘いため、サラダや短時間で出来る炒め物などに向いています。
外側の葉の濃い緑色は料理を華やかにしてくれますし、大きい葉はロールキャベツにピッタリですね。
特徴を活かしてキャベツを丸ごと楽しみましょう。

関連する野菜キャベツのレシピ情報もチェック。

豆知識レシピ
キャベツの切り方
豆知識コラム
キャベツの旬
キャベツの選び方
関連コンテンツ
関連する豆知識 関連する料理レシピまとめ 関連する作り置きレシピまとめ

キャベツの切り方

きゃべつの切り方

きゃべつの切り方

材 料(4~8人分)
  • きゃべつ

    1個

おいしくなるコツ
千切りきゃべつは水にさらすとシャキシャキの食感になります。さらしすぎると栄養が逃げてしまうので5分程度でOK!
きゃべつは1度切ってしまうと切り口から痛み始めるため、1度に使い切らない場合は1枚ずつ剥がして使うのが良いですよ。
  1. 1

    【千切り】
    芯の根元に包丁で切れ込みを入れ、1枚ずつ剥がして洗い、水気を切ります。

  2. 2

    芯の部分を取り除く。
    大きい葉は2等分にする。

  3. 3

    2~3枚を重ね、繊維に沿って手前から巻いていく。

  4. 4

    巻いたきゃべつを押さえながら、好みの幅に端から切っていく。

  1. 5

    付け合わせやサラダなどに合う細い千切りでは、同じところを何度も切るように包丁を動かすと良いでしょう。

  2. 6

    【ざく切り】
    1枚ずつ切り離し、芯の部分を取り除いておく。

    大きい葉は2等分にする。

  3. 7

    葉を重ねて、繊維に直角になるよう、好みの幅に端から切っていく。

  4. 8

    炒め物や蒸し物、茹で物、いろいろな料理に合う切り方です。

  1. 9

    *6で取り除いた芯は、薄く削いで一緒にいただいても良いでしょう。

  2. 10

    【くし形切り】
    半分に切ったきゃべつを芯を残したまま中心に向かって4~6等分に切っていく。

  3. 11

    芯が柔らかく煮込めばきゃべつを丸ごと楽しめます。

キャベツの旬

春キャベツや冬キャベツ、芽キャベツ、紫キャベツなど様々な品種が出回り、通年で楽しめる野菜です。
2~5月が旬の春キャベツは葉が軟らかく甘みが強いのが特徴的。
冬キャベツはシャキシャキとした食感、煮込むと甘味が引き立ちます。

キャベツの選び方

手に持ってずっしりと重たいものを選びましょう。
お尻から見て、芯が大きすぎるものは水分が抜け葉がかたくなっています。
芯の直径は2~3㎝ほどのものが良いでしょう。
カットされているものは、巻きが均一でぎっしりと締まっているものを選びましょう。

キャベツに関連する豆知識

キャベツに関連する保存方法、下処理、ゆで方や炊き方など、お料理のコツやヒントを集めました。

キャベツに関連する料理レシピまとめを見る

献立に困ったときに大活躍! キャベツに関連する人気レシピのまとめページをご紹介します♪

覚えておきたい!基本の「キャベツ」レシピ
覚えておきたい!基本の「キャベツ」レシピ

漬物 / ロールキャベツ / コールスロー の人気レシピまとめ

甘みと柔らかな口当たり「春キャベツ」
甘みと柔らかな口当たり「春キャベツ」

サラダ / パスタと一緒に / スープ の人気レシピまとめ

手ごろで優秀!「キャベツ」のレシピ
手ごろで優秀!「キャベツ」のレシピ

豚肉と / 卵と / ツナと の人気レシピまとめ

楽天レシピメルマガ会員募集中!
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲キャベツの切り方のページ上部へ