Dr.中路×浜内先生と一緒に学ぼう 高血圧予防に3ダウンレシピ

LESSON
02
高血圧で何が悪い?

POINT
ただ血圧が高いだけ?いえいえ!
こんな恐ろしいことに繋がりかねません!

そもそも“人間の一生の健康の流れ”は以下のようになります

血圧は“人間の一生の健康の流れ”の中で“交差点”の部分に位置します。言い換えれば、健康で長生きのキーワードは血圧であるという言い方さえできます。適切な血圧を保つことは健康で長生きにつながるということです。

高血圧はこういう病気につながりがち

高血圧はほとんどの場合症状がありません。症状がなければ、油断が生じ、そのまま放置することでたくさんの病気に繋がっていきます。したがって、“サイレントキラー”とも呼ばれています。
その代表格を紹介します。

  1. 高血圧では動脈のパンパン度が増すわけですから、その分破れやすくなります。それで脳出血などが起きます。
  2. 心臓への負担が大きく、心臓が大きく肥大します。肥大した心臓はポンプとしての働きが弱くなり、尿量が減り、顔や足がむくみます。浮腫というものです。さらに重症になると胸に水が溜まります。呼吸が苦しくなります。肺水腫と呼ばれます。このような状態を心不全と言います。
  3. 腎臓にも負担がかかります。腎臓の働きが次第に悪くなり、尿に蛋白が出ます。これが進むと人工透析が必要になります。
  4. 高血圧が続くと血管つまり動脈にも負担がかかり、傷つきやすくなります。傷の部分にはコレステロールなどが溜まり動脈硬化がさらに進行します。動脈硬化が進むとまた血圧が高くなるという悪循環に陥ってしまいます。

このように、高血圧が続くことで、さまざまの病気につながり健康な生活を失うことになるのです。

PAGE TOP

▲このページ上部へ