Dr.中路×浜内先生と一緒に学ぼう 高血圧予防に3ダウンレシピ

LESSON
01
高血圧って?

POINT
そもそも高血圧とは何か知っていますか?基本的なことから覚えていきましょう!

高血圧ってどんなもの?

人の体には心臓があってそこからたくさんの血管が手足に向かって走っています。この血管を動脈といいます。動脈の中には酸素を含んだ真っ赤な血液がパンパンに詰まった状態で流れています。そのパンパンの度合い、“パンパン度”が血圧です。正確に言えば、血圧とは動脈の中の血液が内側から動脈の壁を押す力です。その血圧が高い状態を高血圧と言います。

高血圧の基準って?

日本高血圧学会では、収縮期血圧(上の血圧)で140mmHg、かつ/または拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上を高血圧と定義しています。すなわち、上もしくは下の血圧どちらか一方でも高ければ高血圧です。また、下の図のように正常域の血圧も高血圧もその程度でいくつかに分けられています。

高血圧の診断と分類(収縮期血圧と拡張期血圧)

診療所、病院で測る血圧値は140/90mmHg以上、家庭血圧値は135/85mmHg以上が高血圧です。
参考:日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン2014より

PAGE TOP

▲このページ上部へ