Let's Green Smoothie [グリーンスムージーで、スーパーデトックス]

現多くのTV番組や雑誌などでも取り上げられ、すっかりおなじみとなった「グリーンスムージー」。楽天レシピでも前回お届けした“夏にぴったりのグリーンスムージーレシピ”の反響にお答えして、これからやって来る寒い時季におすすめの「グリーンスムージー」を今回ご紹介いたします! 初めての方も「グリーンスムージー」の魅力にすっかりハマっている方もぜひお試しください!

寒い時季にも、おすすめのグリーンスムージー
おすすめのレシピを、3弾にわたってお届けします! お楽しみに♪

  • 【基本レシピ】冬のスタンダードグリーンスムージー
  • 【第1弾】秋のさわやかグリーンスムージー
  • 【第2弾】真冬のあったかグリーンスムージー
  • 【第3弾】ベリーのホリデイグリーンスムージー

「グリーンスムージー」って何?

緑の葉野菜(グリーン)とフルーツ、そして水をミキサーで混ぜ合わせて作ったものを「グリーンスムージー」と言います。私たちの食事の半分以上は、米や麺類、パン、イモ類などの炭水化物で、野菜も根菜が中心。葉野菜やフルーツを摂る量はとても少なく、サラダにして食べるといっても限界があります。食材をミキサーで細かく砕く「グリーンスムージー」なら、その葉野菜とフルーツを簡単に効率よく、たっぷり体に取り入れることができます。

グリーンスムージーの黄金比率

グリーンスムージーを作るときに、気になるのがグリーンとフルーツの割合。決まりはありませんが、グリーン4に対してフルーツが6ぐらいにすると飲みやすいそうです。しかし、これはあくまでも参考ですので、一人ひとりの好みでバランスを調節して、おいしく&楽しく続けましょう。

黄金比率の図
  • ※1 柑橘は、標準的なオレンジの大きさが目安。みかんのような小さいものは3個、グレープフルーツのような大きいものは1個など、大きさによって調整する(レモンなど酸味の強いものは控えめに)
  • ※2 お好みのフルーツは何でもOK!
  • ※3 グリーンはお好きなものを1種類。グリーンのパックは、スーパーなどで売っている標準的なビニールパック入りが目安
  • 4対6の比率は、重さではなく見た目の分量

グリーンスムージーが人気なワケ

誰でも簡単に作れる手軽さと、見た目からは想像できないおいしさ。そして、飲み続ける中でデトックス効果による美容効果や体型の変化、体の不調の解消など、次々と嬉しい効果を感じる人も多いのが「グリーンスムージー」の人気の秘密です。また、自分のライフスタイルに合わせて始められるのも大きなメリット。何をやっても三日坊主だった人も続けられる、新しい健康&美容法です。

  • 【毎日飲みたくなるおいしさ】 フルーツジュースのような味わいに、葉野菜が加わることでとても爽やかな飲み口に。初めて飲んだ人は、見た目に反したおいしさにビックリするかもしれません。フルーツで味をごまかしているのではなく、葉野菜とフルーツが味を引き立て合って生まれるおいしさが魅力です。使う食材ごとに味が全く変わり、同じ材料を使ってもその日の野菜やフルーツの状態によって味わいが変化。飽きることがないから、毎日飲み続けることができます。また、「グリーンスムージー」にすることで、苦手な食べ物を克服する人も少なくありません。よりおいしさを追求するために、葉野菜はできるだけ新鮮なもの、フルーツは熟したものを使うことをおすすめします。
  • 【とにかく簡単で、作るのが楽しくなる】 ザクザクと食材を切り、ミキサーで混ぜるだけ。忙しい人や面倒くさがりな人でも、5分で簡単に作ることができます。何もしたくないほど疲れている日は、みかんやバナナといった包丁を使わなくてもよいフルーツを選んで、葉野菜を手でちぎって入れるだけでもOK! また、続けるうちに、食材の組み合わせを考えるのが楽しみになります。量のバランスを変えてみたり、新しい食材を取り入れてみたり、と試す中で、自分の好きな味に出合えたときは喜びも大きいもの。さらに野菜やフルーツを買うことで、季節を感じられるように。店頭に並ぶ食材を見て四季の移り変わりを知り、旬の食材を口にすることで、自然とも繋がることができます。
  • 【面倒なルールがないから、ずっと続けられる】 健康によく、美容効果が高いとわかっていても、面倒なルールがあると続かないもの。けれど、「グリーンスムージー」は、葉野菜とフルーツのみを使うこと以外にルールはありません。好きな食材で、好きな量を飲めばよいので、ライフスタイルに合わせてムリなく取り入れられます。レシピは、あくまで目安。例えばサッパリしたものが飲みたいからオレンジをレモンに、キウイをパイナップルに、といったカスタマイズも自由です。1つだけ気をつけるとするなら、「グリーンスムージー」は“食事”と位置づけ、ごはんと一緒に摂らないこと。単体で飲むことで消化の負担を最小限に抑えられるので、前後40分~1時間は食事を控えるのがベストです。
  • 【体の変化をすぐに実感しやすい】 人によって違いはあるものの、肌の調子がよくなったり、むくみがとれたり、便通がよくなったり、と様々な効果が表れ、早い人は数日~1週間で何かしらの変化を感じるようです。葉野菜はとても栄養価が高く、ビタミンやカルシウムはもちろん、たんぱく質の素・アミノ酸も豊富。また、抗酸化物質である食物繊維が体の酸化を抑えるので、アンチエイジング効果も期待できます。続けることで、次第に自分の体の状態も把握できるように。現代人は空腹か、そうでないのか、また、いつが満腹なのか分からず、食べ物を口にすることもあるようですが、「グリーンスムージー」を飲み続けると自分の体が欲しているものや状態を、感じられるようになります。
  • 【毎日の生活がハッピーになる!】 体と心は密接に繋がっているもの。「グリーンスムージー」で体の不調が解消されると、エネルギーが湧いてきて気持ちも前向きになります。例えば、今までダイエットに何度も失敗した経験を持つ人や、忙しくて野菜を冷蔵庫でダメにしてしまっていた人も、グリーンやフルーツをたっぷり摂る健康的な生活を続けられていることで、自分に自信を持つことができます。また、「グリーンスムージー」で体が満足しているため、間食が減少。甘いものやジャンクフードを食べたい欲求に流されるのではなく、嗜好品を嗜好品として楽しめるように。「グリーンスムージー」は、おいしく楽しく続けられ、心身ともに美しく、ハッピーな気持ちになれる魔法の飲み物なのです。

押さえておこう! 寒い時季からの「グリーンスムージー」ポイント

甘いフルーツを活用する
寒くなると自然と甘いものが食べたくなりますよね。秋冬は甘みのある国産フルーツが多く出回ってきますので、南国のフルーツはしばらくお休みして、柿やみかんなど旬の味覚を楽しんでください。特に柿は触ると崩れてしまうくらいの熟れ具合がベスト。柿に干し柿をプラスすると甘みも増します。
加える水の量を減らしてみる
体が冷える時季は、グリーンスムージーが少し飲みにくいな、と感じてしまう日があるかもしれません。そんな時は、スムージーを常温で飲んでみたり、水の量を減らしたり、あるいは水を入れずにプディングとして食べるという方法もおすすめ。また、フルーツを事前に冷蔵庫から出しておく、冷凍したフルーツは解凍しておくなどの工夫も大切です。
体が温まる素材を使う
しょうがやシナモン、ゆずなどをスムージーにスパイスとして入れるのも、寒い時季に「グリーンスムージー」を楽しむコツと言えるでしょう。味と香りが楽しめるだけでなく、体もポカポカになるので、冷え対策にもなると思います。長期的にみると、「グリーンスムージー」を取り入れていると「代謝が上がり冷えにくくなった!」という声もあるようなので、自分の体と相談しながら無理なく続けてください。

寒い時季におすすめの「グリーンスムージー」の基本レシピ!

冬のスタンダードグリーンスムージー

材料(1ℓ分)
りんご 1個
キウイ 1個
みかん 3個
ほうれん草 1/2パック
水 2カップ
作り方
① りんごはへたを取り、種ごと皮つきでOK。
② キウイもヘタを落とし皮ごと、みかんは皮をむいてジューサーに入れる。
③ ほうれん草は約5cmの長さに切る。
④ 水は少なめに入れるとトロリとなり、多めならサラっとした飲み口になるので、好みの濃度で加える。冬場は水を入れずにプディングとしてスプーンですくって食べても◎!

レシピを見る

冬のスタンダードグリーンスムージー
仲里園子・山口蝶子

【先生の紹介】仲里園子・山口蝶子|気軽にハッピーに生活にローフードを取り入れる方法を提案する姉妹ユニット。

仲里園子
大手百貨店内セレクトショップ勤務を経て、2004年に出産した息子のアレルギーをきっかけに食生活を見直し、独学でローフードを学ぶ。2009年に妹の山口蝶子とともに日本初のロースイーツ専門店Shalimar de la TefuTefu(シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフ)を立ち上げ、レシピ開発やレシピ提供を行っている。

山口蝶子
外資系PR会社、ファッション業界紙の記者として翻訳、編集を行い、2009年に独立後、フリーランスの翻訳家、ライターとして活動する傍ら、姉とともにShalimar de la TefuTefuを立ち上げ、グリーンスムージーサイトGreenSmoothie.jpも運営。2010年には、グリーンスムージーの考案者であるヴィクトリア・ブーテンコの代表著書『グリーン・フォー・ライフ』(高木書房刊)の日本語訳を手がけ、来日講演では通訳を務めることも。

先生の「グリーンスムージー」レシピをもっと見る

  • グリーンスムージーダイエット
    楽天ブックスで購入
  • グリーンスムージー健康法
    楽天ブックスで購入
  • グリーンスムージーをはじめよう!
    楽天ブックスで購入
  • 毎日グリーンスムージー 4weeksレシピ
    楽天ブックスで購入

サイト基本情報