鉄板お惣菜☆ 「牛肉とゴボウ甘辛炒め煮」 レシピ・作り方

鉄板お惣菜☆ 「牛肉とゴボウ甘辛炒め煮」
  • 約15分
  • 1,000円前後
Startrek
Startrek
牛肉とゴボウは黄金コンビで互いに味を引き立てます。しらたきと椎茸を加え甘辛く炒め煮にすればこれはもう鉄板のお惣菜。ご飯がススミます。

材料(4人分)

  • 牛肉 薄切り 200g
  • 日本酒(下味用) 大さじ1
  • 塩(下味用) 二つまみ
  • ゴボウ 20cm
  • しらたき 一袋
  • 椎茸 2個
  • 日本酒(煮汁用) 1カップ
  • みりん 大さじ1
  • ほんだし 小さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 薄口醤油 大さじ1
  • 塩(調味用) 一つまみ

作り方

  1. 1 牛肉は分量をトレーに入れ酒と塩を振って下味を付け15分ほど置いたら約5cm幅にざく切りします。
  2. 2 ゴボウは表面をタワシでこすって土を落とし笹がきにし水に5分ほど浸けます。しらたきは水でサッと洗ってまな板に広げ3等分に切り、椎茸は約3mm幅で薄切りします。
  3. 3 厚手の鍋を中火にかけて熱くなったら牛肉を入れて焼きます。肉の色が少し変わって脂が出てきたらゴボウと椎茸を加えて一緒に炒めます。
  4. 4 全体に油が回ったら酒とみりんを注いで沸騰させ、アルコールを飛ばしたらしらたきとほんだしを加えます。
  5. 5 砂糖と醤油、塩で調味したら蓋を被せ、弱火で15分煮ます。蓋を取って中火で煮詰め汁気がなくなってきたら火を止めてそのまま冷まします。
  6. 6 器に盛り付けて出来上がりです。残りをご飯に載せれば夜食の「ミニ牛丼」になります。

きっかけ

年齢とともにだんだん食が細くなり、夫婦二人では牛肉の300gパックならすき焼きでも余してしまいます。残りは冷凍して置いて時折ほかの食材と組み合わせてお惣菜を作ります。ゴボウとの相性は黄金コンビと言って良いほどで、炒め煮にしてみました。

おいしくなるコツ

牛肉には下味を付けて少し置くと、煮物などで締まりのある味になります。日本酒多め(1カップ)はスタートレック流で、煮切って使えばアルコール臭は消えコクのある味になります。厚手の鍋(ストウブなど)を使うと煮物が旨く行きます。

  • レシピID:1790010906
  • 公開日:2015/02/01

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
牛肉のしぐれ煮ごぼう牛肉薄切り
関連キーワード
炒め煮 甘辛味 牛ごぼう 丼でも
料理名
煮物
Startrek
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(1件)

  • 菊丸33097408
    菊丸33097408
    2016/10/01 06:21
    鉄板お惣菜☆ 「牛肉とゴボウ甘辛炒め煮」
    日ハム優勝おめでとうございます。ゴボウに牛肉の旨みがしみ込んで美味しいです^^

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連カテゴリ

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る