親ガニの茹で方&晩酌の〆「カニ雑炊」 レシピ・作り方

親ガニの茹で方&晩酌の〆「カニ雑炊」
  • 約1時間
  • 500円前後
Startrek
Startrek
山陰の親ガニは生を購入したら、茹でたての味噌と内子、外子が絶品。剥き殻でだしを取り、解し身で〆の「かに雑炊」がオススメです。

材料(2人分)

  • ≪カニ雑炊≫
  • ゆで親ガニ 1杯
  • 日本酒 1/2カップ
  • 500cc
  • ごはん 200g
  • ブナシメジ 30g
  • 春菊 1本
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 小さじ1/2
  • ほんだし 小さじ1/2
  • ≪ゆで親ガニ≫
  • 親ガニ(生) 1kg
  • 2.5L
  • 50g

作り方

  1. 1 鍋にたっぷりの水(ここでは2.5L)を入れて約2%の塩を加え火にかけます。沸騰してきたらカニを甲羅を下向きにして入れて茹でます。塩加減はお好みで。
  2. 2 15~20分茹でたら火を止めてトングでつかみ、腹を下向きにして湯を切りながらザルにあげそのまま冷まします。
    ※茹で時間が短いと黒変の原因になります。
  3. 3 冷ました親ガニ1杯の爪と脚を外したら甲羅を空けて方からガニを取り除きます。脚元を半分に折ってカニスプーンで脚肉を取出します。肩肉は大雑把に解します。
  4. 4 内子と味噌、外子はそのままつまみに。解した脚元と肩の殻、甲羅、脚先を鍋に入れて酒を注ぎ火にかけて沸騰させたら水を加えて30分ほど弱火で煮出します。
  5. 5 火を止めてそのまま30分程度冷ましたら濾して殻を捨てます。カニだしを鍋に移し、③の解し身と石突を切り落として小房に分けてシメジ、冷や飯を加え火にかけます。
  6. 6 1~2分煮てご飯がほぐれたら砂糖と塩、ほんだしで調味し、約3cmにざく切りした春菊を放して火を止めます。
  7. 7 茶づけ碗に盛り付けて出来上がりです。

きっかけ

山陰の親ガニが解禁になりました。2ヶ月だけの冬の味覚です。生を購入して茹でます。

おいしくなるコツ

何と言ってもゆで立てのミソと内子、外子をそのまま戴くのが王道。親ガニ自体が小さいので、解し身は雑炊などに。剥き殻や解すのが面倒な肩肉、脚先でだしを取ってカニだしにするのがオススメです。

  • レシピID:1790010627
  • 公開日:2014/11/19

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
雑炊かに春菊
関連キーワード
親ガニの茹で方 カニだし おじや 晩酌の〆
料理名
雑炊
Startrek
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

おすすめの特集

もっと見る