現在地
 > 

基本★さんまの刺身 さばき方(おろし方) レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
5

0

簡単だった

0

節約できたよ

0

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料2人分

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
基本★さんまの刺身 さばき方(おろし方)
  • 300円前後

旬のさんまはお刺身で!“漁師さんの食べ方”は「一味醤油」簡単基本法。これさえあればいつでもお刺身♪

作り方

  • 1

    さんまのえらの部分に包丁を入れ、頭上部を切る。

  • 2

    頭下部は内臓とつながっているので回しながら引っ張ると内臓が出せる。

    ※出なかったら、お腹に切り込みを入れ内臓を出す。

  • 3

    中まで水洗いをして水分を拭き取る。

  • 4

    頭を左側、背が上、腹が手前にして置く。尾側から包丁を入れ、刃先を少し下向きにし、中骨をなぞるように頭側に切っていく。

  • 5

    2枚おろしの完成!

  • 6

    骨側が下になるようにさんまを返し、しっぽを右に背を手前に置く。刃先を少し下向きにし、骨をなぞるようにしながらおろす。

  • 7

    さんまの三枚おろしの完了!

  • 8

    さんまの皮をむく。頭側の切り口から指で皮をひっぱりながら尾に向かってはがしていきます。

  • 9

    両面皮むきの完成!

  • 10

    頭側の切り口からお腹にかけての小骨「腹骨(はらぼね)」を取り除く。

  • 11

    V字型に切れ込みを入れるようにして、腹骨を取り除く。

  • 12

    腹骨を取り除いた状態。

    取り除いた腹骨はカリカリに焼くいて食べると美味しい「骨せんべい」が楽しめます。

  • 13

    頭側から斜めに包丁を入れ、そぐように切っていけば、お刺身の出来上がり!

  • 14

    一味醤油で食べるのがおすすめ。山わさびも美味しいですよ。

きっかけ

北海道のさんまは日本一おいしい!旬は、8月の中旬から10月中旬まで。あぶらがのった「トロさんま」はこの時期にしか食べられません。特に厚岸産の大黒さんまは絶品です。

おいしくなるコツ

“漁師さんの食べ方”お刺身には一味醤油。 さんまの脂の甘みが“一味唐辛子”でピリっと引き締まってやみつきになる味♪ さんまのお刺身には、一味唐辛子が欠かせなくなりますよ!

レシピID: 1690002107

公開日:2011.10.04

おすすめの公式レシピPR

つくったよスタンプ

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

つくったよレポート 5件(4人)

  • 2016.09.16

    手順が詳しくてとても参考になりました!

    レポートありがとう!

    お返事を見る

  • 2014.09.05

    初秋刀魚!
    勉強になりました。

    ごちそーさま。

    こちらこそ!ありがとです(^_−)−☆

    お返事を見る

  • 2012.10.03

    自分で作りました~(*^-^*)
    しっかり銀色が残って
    美味しく出来て大満足です!レシピありがとうございました。

    ピカピカ美味しそう!

    お返事を見る

  • 2012.08.20

    今日はお財布を緩めて1尾480円の秋刀魚購入♪
    内臓がすんなりとれるとすっきりするのよね(笑)
    一味醤油~でね☆
    これから出てくるからリピしまくります(^-^)

    秋刀魚も高級になりましたね。でも美味しい!

    お返事を見る

レシピへのコメント

関連情報

料理名
さんまの刺身 
料理用途
おもてなし お祝い おつまみ

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

おすすめの人気レシピまとめ♪

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲基本★さんまの刺身 さばき方(おろし方)のページ上部へ