まるごと日向夏ジャム レシピ・作り方

まるごと日向夏ジャム
  • 約1時間
  • 300円前後
手作り大好きずぼらママ
手作り大好きずぼらママ
種以外全て使います。レモン汁やペクチンを入れなくてもトロっとなる作り方です。時短のためフードプロセッサーと圧力鍋を使用。苦味軽減の作業時間も極力短くしました。

材料(マヨ瓶2本分人分)

  • 日向夏 4こ
  • 適量(※1)
  • 砂糖(※2) 日向夏と同じ重さ
  • 本みりん 適量(※3)

作り方

  1. 1 日向夏のヘタを取り、よく水洗いする。
  2. 2 縦と横に半分に切り、「皮+わた」と「果肉+袋」に分け、種は除く。
    「果肉+袋」はフードプロセッサーで細かくする。袋がだいたい細かくなればOK
  3. 3 圧力鍋に水を張っておき、「皮+わた」を薄くスライスしたものから水に放す。
    全てスライスしおえたら、もみ洗い→水を変える、を3回程度行う。
  4. 4 水を加えて蓋はせず中火にかけ、沸騰したらお湯をこぼし、皮からもヘラなどでぎゅっと押してお湯を絞る。
  5. 5 皮が入っている圧力鍋に、手順2のフードプロセッサーの中身を加える。皮が浸る程度の水を加える。果汁が充分なら水は不要(※1)
  6. 6 圧力鍋にかけ、蒸気があがってから2分加熱。
  7. 7 ピンが下がったらふたを開け、半量の砂糖をとかしいれる。
    写真はきび砂糖を使用。
    砂糖の量はお好みで減らしてもOK。私は計量せずに、味見をしながら加えています(※2)
  8. 8 ふたをしないで弱火にかけ、ふつふつとしてきたら残りの砂糖を加える。
    好みの固さになる一歩手前で火を止める。(冷めるとかたくなるため)
  9. 9 苦味が気になる場合は、弱火にかけながら本みりんを加える。大ささじ1~お好みで(※3)

きっかけ

日向夏をたくさん頂いたので、ジャムにして長く楽しみたくて。パンにはもちろん、おかし作りにも活用できるので楽しみが増えます♪

おいしくなるコツ

袋に含まれるペクチンのおかげでトロッとなります。子供用には、本みりんをたくさん入れてあげると苦味が減ります。

  • レシピID:1450028309
  • 公開日:2021/03/21
あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
その他の果物コンフィチュールその他のジャムオレンジジャム・マーマレード
手作り大好きずぼらママ
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

おすすめの特集

もっと見る