現在地
 > 
たら  > 

鱈とほうれん草のあんかけ レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
0

0

簡単だった

0

節約できたよ

0

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料2~4人分

  • 真鱈

    片身

  • ほうれん草

    3杷

  • 薄揚げ

    1枚

  • だし汁

    300cc

  • 小さじ1

  • みりん

    大さじ1

  • 淡口醤油

    大さじ2弱

  • 片栗粉

    大さじ2

  • 揚げ油

    適量

  • 分量外

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
鱈とほうれん草のあんかけ
  • 500円前後

真鱈の美味しい味がしみたあんかけ。どうぞ召し上がれ~♪

作り方

  • 1

    半額になった真鱈の片身を購入しました。

    見つけた途端揚げたのが食べたい!と思う。

  • 2

    冷蔵庫にあったほうれん草3杷と薄揚げ1枚。

    ★根元も使うのできれいに水洗いしておいて下さいね。

  • 3

    だし汁300cc・酒・みりん・淡口醤油の液体系材料。

  • 4

    片栗粉とスーパー備え付けのポリ袋。

  • 5

    小鍋にお湯を沸かし、分量外の塩を投入しておく。

  • 6

    根元も使うほうれん草の根部分の見苦しい個所は削ぐようにしておく。
    根元に十字の切れ込みも入れておく。

    ★十字を入れると根本に早く熱が伝わります。

  • 7

    葉先をつかみ根元・茎部分から湯に浸け、くったりしてから反対に返す。

  • 8

    根元・茎がくたっとなれば、葉の部分を菜箸で押し込み、全体を湯がく。

    ★さっとで良し!

  • 9

    用意していた氷水に取り、色止めする。

    ★ここでアクも取れます。
    スチーム容器でチン♪する場合でも冷水に取って下さいね!

  • 10

    ほうれん草の水気を絞ります。

  • 11

    薄揚げを半分に切り、お湯の中で泳がし油抜きをする。

  • 12

    まな板の端に合わせて油抜きした薄揚げを置き、まな板の上部を持ちあげて斜めにしてフライ返し等で押さえ水気を切ります。

  • 13

    薄揚げを食べやすい大きさにカットする。

  • 14

    パックから取り出した真鱈の片身をキッチンペーパーで挟み軽く押さえ水気を取る。

    ★これを行うと魚の独特な臭みが取れます。

  • 15

    切った材料が揃いました。

  • 16

    真鱈の小骨があるかどうか指で触り確かめる。
    あればこの時点で骨抜きなどで取り除いておくこと。

    ★ここでは銀の爪を用いて小骨を取りました。便利です!

  • 17

    合わせだしを温め、酒を投入する。

  • 18

    みりんを投入する。

  • 19

    淡口醤油を投入する。

  • 20

    (17)~(19)を混ぜ合わす。

  • 21

    揚げ油を温めます。

  • 22

    上がった真鱈を置く場所の用意。

    ★バットの下に裏白の広告を折り敷くと洗う時に楽です。

  • 23

    ポリ袋に片栗粉を入れます。

  • 24

    真鱈を数切れ袋に入れる。

  • 25

    袋に空気を吹き込み口をねじり、全体をシャシャン振り真鱈に片栗粉をまぶす。

  • 26

    揚げ油の温度が170℃になりました。

    ★乾いた木の菜箸を油に差し込むと、細かい気泡が出てきたらOK!

  • 27

    片栗粉をまぶした真鱈を油に投入する。

    入れ過ぎると油の温度が下がるので2~3切れまでに留めておくと良い。

  • 28

    最初勢いよく油の音がし、気泡も沢山現れる。

  • 29

    真鱈の下の方が白くふっくらすると裏に返す。

    細かな気泡が現れる。

  • 30

    気泡が落ち着き、ほんのりと色付けば上げるサイン。

    ★予熱でまた色が濃くなるので、この時点では薄くでOK。

  • 31

    全て上がりました。

  • 32

    (20)で用意しておいたつゆを火にかけ薄揚げを投入する。

  • 33

    (31)の揚げた真鱈を投入し、少し煮たてる。

    ★余裕のある鍋を使用して下さい。
    ここではちょっと失敗かな?(苦笑)

  • 34

    普通あんかけは別に片栗粉を入れますが、ここでは片栗粉をまぶして揚げているので投入して煮ると自然にとろみがつきます。

  • 35

    ほうれん草も投入し中でくちゃくちゃと触らずに上から汁を掛けて温める。

    出来上がりました~♪

  • 36

    好みの器に盛り付けて食卓へどうぞ!!

  • 37

    最後に、揚げものを作るとコンロ周りに油はねが起きてお掃除が大変ですよね!
    我が家では揚げ終わると直ぐに(コンロが熱いうちに)、このパストリーゼを振り絞った布巾で拭き取ります。

きっかけ

真鱈を牛乳で煮る料理番組を見て、お出汁で炊いてみたかったから。

おいしくなるコツ

真鱈の切り身は、キッチンペーパーで挟むと臭みが取れます。
出来た材料を鍋に入れ仕上げる時は余裕のあるお鍋を使うと荷崩れしにくい。

レシピID: 1430003902

公開日:2013.02.20

おすすめの公式レシピPR

あなたにイチオシの商品

つくったよスタンプ

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

つくったよレポート

このレシピを作ったら、投稿者さんに報告!つくったよレポートで"ありがとう"を届けよう♪

レシピへのコメント

1件

cabon
cabon 2013.02.20 23:51

レシピをご覧下りありがとうございます♪

今日は真鱈を揚げて、あんかけにしてみました。
これは料理番組を参考にしたもので、実はクリーム煮だったものです。
主人がクリームシュチュー系をあまり好まないので、和風に仕上げました。

真鱈を揚げる際に片栗粉をまぶす事により自然とあんかけになるので、水で片栗粉を
溶く必要はありません。
お出汁は鱈自体から良い味が出るので、昆布出しか合わせだしで作ると上品な味に
なります。このレシピではほんだしの合わせだし(水300ccとあわせだし2g)で作る。
出来たては体を温めますし、冷めても十分美味しいです。

参考商品の説明。
真鱈の小骨を抜く時、「銀の爪」を使用しました。これ、便利ですよ~♪
そして除菌に効くパストリーゼ、有名なケーキ屋さんや業務用の除菌剤としても有名
ですよね!!コンロ周りが熱いうちならシュシュと振りかけて絞った布巾で拭き取ると
アルコールが油分をきれいに取り去ってくれます。
猫が居る我が家ではキッチンやテーブルを拭くのに大いに役立ってもいます。
どうぞご参考になさって下さい。

関連情報

料理名
あんかけ
料理用途
普段の料理 おもてなし
関連キーワード
真鱈ほうれん草あんかけ

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

おすすめの人気レシピまとめ♪

もっと見る

楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
楽天モバイル

▲鱈とほうれん草のあんかけのページ上部へ