昔のかためプリン。蒸しと焼き レシピ・作り方

昔のかためプリン。蒸しと焼き
  • 約30分
くたびれもうけ
くたびれもうけ
小学校で卵料理を作る授業があり、皆がスクランブルエッグや卵焼きを作る中、私はプリンを作り注目の的でした。◯十年前の子供でも作れるのでぜひ笑。数種の作り方を紹介

材料(1人分)

  • ●カラメル(3〜4人分)
  • 上白糖 50g
  • 大さじ1/2
  • 大さじ1
  • ●プリン液(1人前) 人数に応じて倍にする
  • 1個
  • 牛乳 100g
  • 上白糖 15g
  • バニラエッセンス 数滴

作り方

  1. 1 失敗しないカラメル作り。卵焼き用フライパンにオーブンシートを敷くと熱をコントロールしやすく掃除も楽。燃えるのではみ出た所は切る
  2. 2 色が変わると急速に変化するため、砂糖を広げて加熱ムラ軽減。水と蓋(アルミホイル)を横にスタンバイ。水大さじ1/2を入れる
  3. 3 中火。色が付き始めたら少し揺らして溶けムラを無くす。煙が出て醤油色になったら火を止め、水大さじ1を入れ間髪入れず蓋。かなり飛び散る
  4. 4 カラメルが熱い内に容器に移す。冷凍庫に入れると固まるので、プリン液を流す時に混ざらなくておすすめ
  5. 5 ▲プリン液その1。牛乳はレンジで熱いお風呂まで温める(300g600Wで3分半)卵と砂糖を泡立て器で溶きほぐし、牛乳とバニラエッセンスを入れる。必ず茶こしで濾して容器に分ける
  6. 6 ▲プリン液その2。牛乳をレンジで熱いお風呂まで温める。全ての材料をミキサーに入れる。混ざったら10分放置して表面の泡を掬い取る。その間にカラメル作り。濾さずに容器に移して良い
  7. 7 ◆加熱その1。沸騰した蒸し器に入れて弱火で20分。蓋の水蒸気がプリンに落ちないよう、内側に2〜3連のキッチンペーパーを挟み、はみ出した紙が燃えないように輪ゴム等で結ぶ
  8. 8 ◆加熱その2。オーブンを160度に余熱し、天板にプリンを置き熱湯を注ぐ。160度で30〜40分湯煎焼きにする
  9. 9 ◆加熱その3。サンヨーのスチーブンの場合。天板にセリアのシリコンシートを敷き蓄熱した天板からの熱を弱める。タンクに水を入れ、手動 蒸し 90度30分
  10. 10 冷蔵庫で冷やして出来上がり。4でカラメルが底全体に広がらなくても溶けて綺麗に広がる
  11. 11 蒸し機能のあるオーブンで90度で沸騰させずに加熱すると「す」が入らず滑らか。※卵のタンパク質は約80度で固まる
  12. 12 型から外しても良いしそのまま掬っても良し

きっかけ

子供の頃から作ってるプリン。昔は泡立て器と蒸し器で作ってたけど最近はオーブンで作る事が増えました。なので両方記します。牛乳を増やし、少し生クリームも加えて倍量にするとトロトロプリンになります。同じオーブンで2種同時に作る事もできます

おいしくなるコツ

●卵M〜Lサイズで牛乳100mlなので覚えやすい。トロトロにしたければ200mlで一部生クリームに変えても。 ●泡は食品用アルコールをスプレーするか、バーナーの火で炙ると一瞬で消える

  • レシピID:1350019758
  • 公開日:2020/08/04
あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
その他の卵料理カスタードプリンその他のプリン・プディング焼きプリン
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

つくったよレポート(1件)

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る