冬大根で作って長期保存も出来る佃煮 レシピ・作り方

冬大根で作って長期保存も出来る佃煮
  • 1時間以上
  • 300円前後
菜翁が旨
菜翁が旨
食べる時にカツオ節をまぶしても美味しくいただけます。冷蔵庫で夏を越させて保存すると、一年くらい持つ。

材料(約10人分人分)

  • ①大根 2kg
  • ②塩 50g
  • ③梅干し 3~4個
  • ④土生姜 3~4かけら
  • ⑤三温糖 250g
  • ⑥醤油 250cc
  • ⑦酢 200cc

作り方

  1. 1 皮をむいた大根①を、縦四つ割りにして、2~3ミリの厚さにイチヨウ切りにする。皮は厚めにむくと、やわらかく仕上がる。
  2. 2 ②の塩を全体によ~くまぶして、一晩置く。
    ふきんなどで絞って折れない位の柔らかさになっておればOK。
    水揚げが悪いようなら、少し長めの時間を置く。
  3. 3 鍋に③~⑦の材料を全部入れて、煮たたせる。
  4. 4 手順2の大根をふきんなどでしっかり絞って、鍋に入れて5~6分煮立たせる。
  5. 5 手順4で煮立った大根などを汁ごとザルに移して、汁と大根などとに分ける。汁は手順6で使う。
  6. 6 手順5の汁だけ鍋に戻して半分くらいの量になるまで煮詰める。
    少しトロミが出るくらいに煮詰めると、いいかんじになる。
  7. 7 手順5の大根などを鍋に戻して、混ぜるようにかきまわして火を止める。
  8. 8 一時間ほどそのままにして、さめたら煮汁と大根などとを分けて、大根などをタッパーなどの容器に入れて保存する。
  9. 9 手順8の煮汁は、空き瓶などに保存しておくと、煮魚、うどんの漬け汁などに使える。
  10. 10 手順1で剝いだ大根の皮は厚みがあるので、蛸干しにして、味噌汁の具材などに使っても美味しい。
  11. 11 (1)大根は皮を剝いた重さ。皮は厚めにむくと柔らかく仕上がる
    ・長大根は綺麗なイチヨウができる
    ・丸大根はきめが細かいので美味しい
    (2)梅干しは大きめのものを種を除いて適当に刻む
  12. 12 (3)土生姜は大きめのものを、皮をむいて千切りにする。
    (4)醤油は薄口より濃い口のほうが佃煮は色よく仕上がる。
  13. 13 手順1で切り落とした大根の葉を干してから刻んで茹でて、おにぎり状に固めて凍らせる。
    お湯で戻して味噌を溶き入れれば、冬場のビタミン源、干し葉汁が出来上がる。

きっかけ

家庭菜園の冬大根を無駄にしない保存食を作りたい

おいしくなるコツ

大根は皮を剝いた重さ。皮は厚めにむくと柔らかく仕上る・長大根は綺麗なイチヨウができる・丸大根はきめが細かいので美味しい)梅干しは大きめのものを種を除いて適当に刻む 土生姜は大きめのものを皮をむいて千切りにする 醤油は濃い口が色よく仕上がる

  • レシピID:1320005801
  • 公開日:2014/01/18

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
大根
関連キーワード
大根 箸やすめ 佃煮 保存食
料理名
冬大根の佃煮
菜翁が旨
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(1件)

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 1 件)
  • 菜翁が旨
    菜翁が旨
    2014.01.18 22:18

    箸やすめや晩酌のつまみに最適です。

おすすめの公式レシピPR

関連カテゴリ

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る