現在地

ラザニア レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
0

0

簡単だった

0

節約できたよ

0

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料4人分

  • ボロネーゼ ソース
  • ★ にんにく

    2〜3片

  • ★ ローズマリー

    2-3枝

  • ★ 挽肉

    600〜700g

  • ★ ベーコン

    50g

  • ★ 玉葱

    400g

  • ★ 人参

    200g

  • ★ セロリ

    100g

  • ★ マッシュルーム

    100g

  • ★ 赤ワイン

    150ml

  • ★ カットトマト缶

    2缶

  • ★ ロリエ

    1枚

  • ★ 塩

    適量

  • ★ 胡椒

    適量

  • ★ ナツメグ

    適量

  • ★ オリーブオイル

    適量

  • ホワイトソース
  • ◎ バター

    40g

  • ◎ 薄力粉

    40g

  • ◎ 牛乳

    800cc

  • ◎ 塩

    適量

  • ◎ ホワイトペッパー

    適量

  • ◎ ナツメグ

    適量

  • ラザニア
  • ▲ ラザニアの麺

    1/2パック

  • ▲ シュレッドチーズ

    250g

  • ▲ パルミジャーノ 粉

    150g

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
ラザニア
  • 2,000円前後

熱々のラザニア、いつ食べても美味しい。子どもも大人も本当に好きな一品ですよね。

作り方

  • 1

    ラザニアを始めるには先ずボロネーゼのソースとホワイトソースを作ります。

  • 2

    ★にんにくは皮をむき、包丁の背でつぶす。
    玉葱、人参、セロリ、マッシュルーム、ベーコンはみじん切りにする。

  • 3

    ★鍋に多めのオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で炒める。にんにくの香りがしっかりついたらローズマリーを加え更に香りを出す。

  • 4

    ★玉葱とひとつまみの塩を入れ、水分を飛ばしながらしんなりするまで炒める。

  • 5

    ★ベーコン、人参、セロリ、マッシュルームの順に炒め、その都度よく炒める。

  • 6

    ★挽肉はあらかじめ塩、胡椒をする。フライパンに少量の油を入れ強火で挽肉を炒めます。

  • 7

    ★仕上げにナツメグをふり、ザルにあげる。(余分な油を落とす)

  • 8

    ★5の野菜と7の挽肉、ロリエ、赤ワインを加える。沸騰したら弱火にし、アクを丁寧にとりながら1/3量まで煮詰める。

  • 9

    ★トマトの水煮缶を加え、蓋をして1時間半ほど煮込む。
    水分を煮詰め、塩、胡椒で味を調える。

  • 10

    ◎鍋にバターをいれ弱火にかける。バターが溶けたら薄力粉を入れ炒める。

  • 11

    ◎粉っぽさがなくなり、もったりとした状態からサラサラの状態にかわったら、冷たい牛乳を加える。

  • 12

    ◎泡立て器でとろみがつくまで混ぜる。

  • 13

    ◎とろみがついたら5分ほど弱火で煮込み、ナツメグをふりいれ、塩、胡椒で味を調える。
    最後に目の細かいザルなどでこす。

  • 14

    ▲ ラザニアの麺を茹でる。(オリーブオイルも加えるとくっつきにくい)

  • 15

    ▲ オーブン皿に、ホワイトソース、

  • 16

    ▲ ボロネーゼ、

  • 17

    ▲ チーズ、

  • 18

    ▲ ラザニアの順に重ねていく。

  • 19

    ▲ 200〜220℃のオーブンで15〜20分焼き色がつくまで焼く。

  • 20

    完成!

きっかけ

ラザニアが大好きで。

おいしくなるコツ

ボロネーゼを良く煮込む事によってソースの味が深まる。チーズは大胆にのせる事。

登録されているカテゴリ

各国料理:
イタリア料理 > その他のイタリア料理

レシピID: 1270005543

公開日:2014.10.23

つくったよスタンプ

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

つくったよレポート

このレシピを作ったら、投稿者さんに報告!つくったよレポートで"ありがとう"を届けよう♪

レシピへのコメント

関連情報

料理用途
普段の料理 おもてなし お祝い

あなたにおすすめの人気レシピ

▲ラザニアのページ上部へ