皮まで美味しい♪とろける食感のイタリアンな焼き茄子 レシピ・作り方

皮まで美味しい♪とろける食感のイタリアンな焼き茄子
  • 約30分
  • 300円前後
Seika A
Seika A
ポリフェノールたっぷりの皮まで柔らかく美味しく食べる一皿!!
柔らかくてクリーミーな舌触りの焼き茄子な主役になります。

材料(1~4人分)

  • 長なす 大1本(小さめなら2本)
  • エキストラバージンオリーブオイル 少々
  • 30ml
  • エキストラバージンオリーブオイル 小さじ1~2
  • ホワイトペッパー 少々
  • コンソメパウダー ※マギーのものを使用 2つまみ
  • ベビーリーフ 1掴み

作り方

  1. 1 茄子は下手を切り落として、大きいものは長さを2等分してから真ん中で半分に割る。


    ※茄子のヘタは、鉛筆をけずるように斜めに茄子のヘタ部分を削ぐように切ると良い。
  2. 2 フライパンにオイルを少量垂らして広げて茄子を切り口を下にして並べて、蓋をして弱めの中火~弱火で焼く。
  3. 3 茄子の皮に大きな水滴がついてきてから、水を加えて蒸し焼きにする。

    ※大きめの茄子1本で焼き時間は10分くらいです。
  4. 4 皮を上から押して柔らかくなって火が通っていたら、蓋の上にアルミホイルを広げて茄子を乗せてしっかり包む。

    そのまま熱の残る蓋の上で10分程置く。
  5. 5 その間にベビーリーフを洗って、直前まで冷水に浸けておく。
  6. 6 お皿に水をよく切ったベビーリーフを盛り付け、茄子を並べる。
    オリーブオイルを茄子に回しかけ、ホワイトペッパー、コンソメを指で少しずつ全体に振る。
  7. 7 ※ドレッシングを使わない場合は、ベビーリーフにも同様の味付けをしてレモンを少し絞る。(分量外)

きっかけ

大きな茄子が美味しそうだったので、シンプルな味付けで茄子の味を引きたてました。

おいしくなるコツ

茄子を焼く時は裏返さない。直火で焼かずに蒸すことで皮も柔らかく食べられます。

  • レシピID:1220011608
  • 公開日:2015/06/23

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
なす全般ホットサラダ・温野菜フライパン一つでできる夏バテ対策その他のヘルシー食材
関連キーワード
長茄子 長ナス 焼きなす 焼き茄子 ワインに合う ヘルシー ポリフェノール 夏野菜
料理名
イタリアン焼きナス
Seika A
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

おすすめの特集

もっと見る