ぶきっちょさんの しっとり和風?抹茶チーズケーキ レシピ・作り方

ぶきっちょさんの しっとり和風?抹茶チーズケーキ
  • 1時間以上
  • 500円前後
ちづゴン
ちづゴン
直径18cmの丸型の分量。分量、焼き加減、色々試して、ついに納得!フードプロセッサー(FP)版ですが、普通の作り方でも。

材料(6~8人分)

作り方

  1. 1 クリームチーズは、冷蔵庫から出して室温に戻しておく。
    ※レンジで十数秒チンでも。
  2. 2 型に合った前処理をして、底に黒豆を敷き詰めておく。
    ※バターを塗って粉を叩く等、手持ちの物に合った処理をしておく。
  3. 3 FPに、クリームチーズを細かくちぎって入れ、小刻みに動かしながら、滑らかにする。
    ※オーブンを温めておく。
  4. 4 滑らかになったところに、マスカルポーネ、砂糖を入れ、混ぜる。
  5. 5 玉子を1つずついれ、混ぜる。
  6. 6 レモン汁、抹茶、小麦粉をいれ、混ぜる。
  7. 7 少し高いところから、型に生地を流しいれる。
    更に、型を平らなところにトントンと叩き付ける。
    ※生地に含まれる空気を抜いています。
  8. 8 170℃のオーブンで、50~60分焼く。 20~30分ほど焼いた時点で、型にアルミホイルをかけ、焼き色が付くのを防ぐ。
  9. 9 竹串をさして、生地がつかなければOK。余熱を計算して、ぎりぎり付かない程度にする。
    ※しっとりのポイントです。
  10. 10 ※FPは、混ぜ始めは、ガッ、ガッ、ガッっと小刻みに動かします。いきなりガーーーっと連続で動かすと、効率良く混ざりません。
  11. 11 ※FPの容器の側面にこびりついた材料は、小マメにそぎ落とす。
  12. 12 ※ガッ、ガッ、ガッ。ヘラでそぎ落とす。ムラがなくなれば、ガーーーー。
    といった感じで、混ざりムラをなくしましょう。
  13. 13 ※混ぜすぎは、空気を含み、無駄に生地が膨らんでしまいます。混ぜる回数を最小限に抑えるために、[11]をしましょう。
  14. 14 ※竹串をさして、ギリギリ生地がつかない程度まで焼き、後は余熱に任せると、”しっとり&ぎゅっ”な感じに仕上がります。
  15. 15 ※マスカルポーネなしで、クリームチーズ400gでもOK。

きっかけ

クリスマスケーキを作りたいけれど、難しいスイーツなんて無理。簡単なチーズケーキに抹茶を入れて、カラーと飾りで誤魔化したのが最初。旦那に好評だったので、好みの味を追求しました。

おいしくなるコツ

コツだけ掴めば、手順は簡単。色々器具を出すのが面倒で、FPを使用していますが、ボール&泡だて器の方が、微妙な調整はききます。 ぜひ、”しっとり&ぎゅっ”な絶妙の焼き加減を掴んでください。出来上り後1、2日冷蔵庫で寝かすと生地が落ち着きます。

  • レシピID:1070000354
  • 公開日:2010/12/13

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
その他のチーズケーキマスカルポーネ
関連キーワード
チーズケーキ 黒豆 フードプロセッサー 抹茶
料理名
チーズケーキ
ちづゴン
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

おすすめの特集

もっと見る