現在地

☆レトロ☆昭和のケチャップ甘酢天津飯☆ レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
1

0

簡単だった

0

節約できたよ

0

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料1人分

  • @芙蓉蟹・かに玉(天津飯)
  • 玉子(Mサイズ)

    2個

  • カニカマ(小)又は蟹缶

    3本(20g)

  • にら

    5g

  • 長ネギ

    8g

  • 醤油

    小さじ1

  • 小さじ1

  • 少々

  • コショー

    少々

  • 味の素

    少々

  • サラダ油

    大さじ1

  • ごはん

    170-180g

  • @ケチャップの甘酢
  • ★水

    100cc

  • ★YOUKIがらスープの素

    小さじ1

  • ★砂糖

    大さじ1

  • ★お酢

    小さじ1と1/2

  • 水溶き片栗粉

    適量

  • ごま油

    小さじ1

  • サラダ油

    小さじ1

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
☆レトロ☆昭和のケチャップ甘酢天津飯☆
  • 300円前後

昔からある小さな中華屋さんのレトルトな天津飯で、私が20歳位に働いていた中華店のケチャップの甘酢あんかけ天津飯なのです。
ご飯にのせないで芙蓉蟹でもどうぞ!

作り方

  • 1

    カニカマは、横長にして手根で軽く前後にスライドさせながらつぶしても簡単にほぐれますが、家では端を指で押さえフォークを使って解しています。

  • 2

    長ネギは普通の輪切りでも問題ないのですが、他の材料に合わせて長細く白髪ねぎにしてみました。

  • 3

    玉子はSサイズなら3個使いたいですが、Sサイズなら小盛り、Mサイズなら2個で普通盛り、Lサイズであれば大盛用ですね。これが天津飯の調味料を除く全ての材料です。

  • 4

    玉子を割って適当なボール又はどんぶりにMサイズの玉子を2個入れたら、醤油、酒、塩、コショー、味の素を入れます。味の素は好き嫌いがあるので入れなくてもOKです。

  • 5

    先に調味料から全部入りましたら、後から具材を入れます。後から調味料を入れると、カニカマやネギが醤油がかかってしまい、具材だけが醤油を吸ってしょっぱくなり、野菜がしなってしまいます。

  • 6

    全ての調味料と具材が入りましたら、仕上がりの玉子が硬くならないように、サクッと混ぜ、多少白身が残った程度にして、かき混ぜ過ぎないようにしましょう。

  • 7

    これはプロがお店で使う技で、常時用意してある唐揚げ等で使う油(置き油)を鍋から煙が出てきたら一度油を多めに入れ油を鍋に馴染ませ油を戻します。家庭でも油のおきがあったらトライしは?

  • 8

    今はテフロンの中華鍋もあるので最小の油で料理出来ますが、強火鍋から煙が出てきたら大さじ1の多目の油を入れ、鍋を回し全体的に油を馴染ませ、一気に玉子を流し込み軽く4-5回混ぜます。

  • 9

    玉子が鍋にくっ付いていないかフライ返しで確認し、鍋を持った手が平行に時計回りで円を描くように回し、玉子をクルクル滑らせ、まだ少し生の状態でフライ返しを使って裏返します。

  • 10

    天津飯の予定が玉子焼きにならないように、ここはしっかりとフライ返しを使って裏返し、再度玉子をクルクル滑らせ、1-2分したら再度裏返して火を消し、ここからは手早くご飯の用意をします。

  • 11

    裏返すと小さな油の泡が出て綺麗な表面が見えますが、それが天津飯の顔になる表面です。別の器にご飯を盛って、器を逆さまにして、ご飯(約170g)が山になるようにお皿に盛ります。

  • 12

    ご飯にのせる前までは芙蓉蟹(フヨウハイ)と言う中華の料理名で、ご飯にのせると天津飯ななります。玉子は自然に垂れ下ります。大盛の場合はご飯を200gにして玉子はLサイズです。

  • 13

    甘酢あんかけは、鍋に水を入れて★マークを全て加え、砂糖が溶けたら煮立てた状態から水溶き片栗粉をすこしづつかき混ぜながら入れ、適当なとろみをつけるます。

  • 14

    水溶き片栗粉を入れ過ぎてスライムのようにならないよう気をつけてください。仕上げにごま油少々と艶出しでサラダ油を入れケチャップの甘酢あんかけを玉子の上にかけて出来上がりです。

きっかけ

このレシピは、私がまだ調理師学校を卒業して間もい昭和55年頃に働いていた地元で人気でだった中華料理店さんの天津飯なんです。ケチャップの甘い甘酢あんかけで、今でも時々懐かしくて作ることもあり、フィリピンの飲食店でもメニューにしたレシピです。

おいしくなるコツ

◆具は適量に多過ぎないこと。多過ぎると玉子が身割れして見栄えが良くないです。
◆生卵の状態で、調味料と具材が入ったらかき混ぜ過ぎないこと。
◆出来れば中華鍋を使用する。フライパンの場合18cmから21cmがお勧めですが裏返すのが大変ですね。

登録されているカテゴリ

各国料理:
中華料理 > その他の中華料理
料理:
ご飯もの > 丼物 > 天津丼・天津飯
目的・シーン:
簡単料理 > 簡単夕食

レシピID: 1010024908

公開日:2019.04.26

おすすめの公式レシピPR

つくったよスタンプ

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

つくったよレポート 1件(1人)

  • 2019.07.03

    卵と甘酢あんが最高に美味しいですっ(*≧∀≦*)
    ステキなレシピをありがとうございましたーっ!!

    つくったよレポートを有難う御座いました。ひとつの料理をレシピを通じて共有出来た事を嬉しく思います。

    お返事を見る

レシピへのコメント

関連情報

料理名
ケチャップの甘酢あんかけ 天津飯
料理用途
普段の料理
関連キーワード
簡単中華甘酢

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲☆レトロ☆昭和のケチャップ甘酢天津飯☆のページ上部へ