楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

きゅうりを大量消費したい!簡単なものからメインまでおすすめのきゅうりレシピを紹介

13,191view 2022/07/19 09:00 季節・話題
きゅうりを大量消費したい!簡単なものからメインまでおすすめのきゅうりレシピを紹介
こんにちは!管理栄養士の植草 真奈美です。

5月〜8月においしい時期を迎えるきゅうりは、代表的な夏野菜の1つです。
約95%が水分と言われ、とてもみずみずしく、暑い日にも食べやすい野菜ですよね。

きゅうりは栄養価が低いと思われがちですが、実はカリウムを多く含み、体内の余分な塩分を排出してくれる働きがあるほか、β-カロテンやビタミンCも含んでいます。
旬の今は、手頃な価格で買うことができて、生で食べられるので、食卓にも取り入れやすいですよね。

今回はきゅうりをテーマに、定番レシピからメインになるきゅうりを使ったレシピ、汁物など、きゅうりが活用できるおすすめレシピをご紹介しています。

ぜひ、旬のきゅうりをいろいろな食べ方で楽しんでくださいね。

きゅうりを大量消費するには?保存方法も紹介

きゅうりを大量消費するには?保存方法も紹介
きゅうりは袋で何本かまとめて売られていることも多く、使いきれずに困ることってありますよね。
また、サラダや和え物などいつものメニューがマンネリ化して飽きてしまった…という方もいらっしゃるかもしれません。

生で食べるイメージの強いきゅうりですが、漬物でもいろいろなレパートリーがあるほか、炒め物など加熱する料理にも結構使えるんです。
生とは違った食感が味わえるので、おすすめですよ。

少しでも長くおいしさをキープするために、正しいきゅうりの保存方法を知っておきましょう。
きゅうりはペーパータオルで1本ずつ包み、ポリ袋に入れ、立てて野菜室で保存すると1週間程度の保存が可能ですので、覚えておくと便利です。

きゅうりを大量消費するためのおすすめレシピ

今回は、楽天レシピに掲載されているレシピの中から、飽きずにおいしくきゅうりが楽しめるおすすめレシピを7つご紹介します!

定番のレシピをはじめ、一度にたくさんきゅうりを使えるレシピ、作り置きができるレシピのほか、ソースにきゅうりを使うレシピなど、いつもと違った楽しみ方ができるレシピもピックアップしました。

きゅうりは通年で手に入る野菜ですが、やっぱり旬の時期が1番おいしいですよね。
夏の暑い日にぴったりなレシピもありますので、お好みのレシピを見つけて、ぜひ旬のきゅうりをたくさん味わってください。

【大量消費】きゅうりのからし漬け

漬物はきゅうりを大量消費したい時におすすめです。
きゅうりといえばぬか漬けなどの漬物が定番ですが、こちらのレシピは粉辛子を使った優しい辛みのある漬物のレシピです。

袋に入れて揉み、漬け込むだけなので、とても簡単に作ることができます。
常備菜として毎日少しずつ楽しんでもいいですね。
きゅうりのほかに、にんじんや大根を一緒に漬けてもおいしいですよ。

漬ける日数によって食感や味の変化が楽しめる1品です。

【大量消費】きゅうりのしょうが甘酢漬け

ごはんのお供にぴったりな、きゅうりのしょうが甘酢漬けです。
塩もみしたきゅうりの水分をしっかり絞ってから、合わせ調味料でひと煮立ちさせて冷ましていくので、しっかり味の染み込んだ仕上がりになります。

このレシピの嬉しいところは冷凍保存が可能で日持ちすること。
たくさん作っても冷凍して少しずつ食べられるので、きゅうりの大量消費にぴったりです。
常備菜として作っておいてもよいでしょう。

【定番】やみつききゅうり

たたいたきゅうりを調味料で和えるだけで、簡単に作ることができる「やみつききゅうり」です。
鶏ガラスープの素とにんにく、ごま油は定番の組み合わせですが、いくらでも食べられると人気の無限系レシピです。

夕飯の副菜としても活躍してくれる1品ですが、おつまみにもぴったりですよ。

少しボリュームアップしたい場合は、蒸してさいた鶏ささみを加えるのもおすすめです。味の相性がよく、食べ応えはばっちり。
ブラックペッパーを輪切り唐辛子に変えて、ピリ辛で作ってもよいでしょう。

【洋風】きゅうりとツナのマヨサラダ

薄切りにしたきゅうりをツナとマヨネーズで和えるだけの簡単なサラダレシピです。
ツナのうまみがきゅうりと相性抜群でおいしいですよ。とても簡単に作れるので、何かもう1品欲しい時にもぴったりです。

にんじんや玉ねぎなどの野菜を加えて作ってもいいですし、蒸してつぶしたじゃがいもに混ぜれば、ポテトサラダにもアレンジできます。
多めに作って作り置きしたり、サンドウィッチの具材としてアレンジしたりするのもいいですね。

【中華】きゅうりだれの油淋鶏

揚げた鶏肉に、きゅうりを使って作るサクサク食感の甘酸っぱいタレがよく絡み、相性抜群の1品です。
きゅうりは副菜のイメージがあるかもしれませんが、こんなふうにソースとしてお肉と合わせると主菜のレシピにも活用できます。

油淋鶏はねぎで作るタレが定番ですが、きゅうりのほうが辛みが少なく、さっぱりしていてお子さんも食べやすいですよ。食感も楽しいですよね。

きゅうりは塩をふってまな板で転がす「板ずり」をしてから切ってソースに加えると、味の馴染みがよくなりますので試してみてください。

【メイン】ゆで豚と細切りきゅうりの四川風辛味ソースがけ

茹で豚にきゅうりを合わせ、にんにくの効いた甘酸っぱいタレをかけた「雲白肉」です。中国の四川料理では定番の料理なんですよ。
前菜とされる料理ですが、しっかりボリュームがあるので、献立のメイン料理としても楽しめます。

レシピではきゅうりを細切りにしていますが、ピーラーでリボン状に切ると、よりしっかりきゅうりを味わえます。

豚バラ肉を塊で調理するのが大変な場合は、焼肉用など少し厚めにスライスされた豚バラ肉で作ってもよいでしょう。

【汁物】冷や汁

暑い夏にぴったりな冷汁。きゅうりをたっぷり使い、さらに味噌とごまの香りが魅力的な1品です。
宮崎の郷土料理として広く知られていますが、実はさまざまな地域でその土地に合わせた形で残っています。

今回ご紹介するレシピは魚は使わず、きゅうりと豆腐で作るので、簡単に作ることができます。
魚を入れたい場合は、水煮缶などを使うと手間がかからなくてよいかもしれませんね。

ごはんにかけたり、うどんのつけ汁としてもおすすめです。

おいしいレシピできゅうりを大量消費しよう!

きゅうりを活用するおすすめレシピをご紹介しました。
基本になるシンプルなレシピが多いので、まずはレシピのまま作ってみるとよいでしょう。
その後、切り方を変えたり食材を加えたり、自分好みにアレンジしても楽しめますよ。

また、きゅうりにもミニきゅうりや石川特産の加賀太、いぼのないフリーダムなどいろいろな種類があるので、種類を変えて同じレシピを楽しんでもいいですね。

楽天レシピには、今回ご紹介したレシピ以外にもきゅうりを使ったレシピがたくさん掲載されていますので、ぜひいろいろなアレンジレシピできゅうりを楽しんでみてください。

>>「きゅうり」の簡単レシピ 人気ランキングTOP20はこちら!

この記事の作者

植草真奈美 さん
植草真奈美

管理栄養士・フードコーディネーター。保育園で栄養士の実務経験を積んだのち、大手料理教室へ。本社商品開発部でレシピ開発を担当後、ヘルスケア事業部の立ち上げに携わる。独立後はレシピ開発やコラム執筆をはじめ、セミナー講師、実業団への栄養指導のほか、離乳食メディアの監修なども手がける。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

季節・話題のランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る