楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

新じゃがの季節到来!新じゃがいもの魅力とおいしく食べる簡単レシピ

6,468view 2021/04/21 09:00 季節・話題
新じゃがの季節到来!新じゃがいもの魅力とおいしく食べる簡単レシピ
こんにちは!管理栄養士の楠本睦実です。

スーパーなどでも春野菜が並ぶ季節になりました。旬の食材は栄養価も高く、おいしいですよね。旬の野菜の1つ、新じゃがいもはじゃがいもに比べて皮が薄く、みずみずしいので、皮ごと調理するのがおすすめです。今回は、季節限定の新じゃがいもをおいしく食べるレシピをご紹介します。

新じゃがの魅力とは?

収穫されてから貯蔵されるじゃがいもに対し、新じゃがは、収穫されてからすぐに出荷されます。
指でこすればはがれてしまうほど皮が薄くてみずみずしいため、「茹でる」「揚げる」といった調理では、しっとり、ほっくりとした新じゃがならではの美味しさを味わえます。千切りにして、さっと炒めるのもおすすめです。

また、じゃがいもは塩分の過摂摂取によって引き起こされやすいとされる血圧の上昇を抑制するカリウムが含まれています。その他にも、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、美肌に欠かせないビタミンCを多く含みます。

水分が多い新じゃがは日持ちはしないので、新聞紙に包んで冷暗所で保管し、なるべく早く調理しましょう!

新じゃがおすすめレシピ1:皮ごとポテトサラダ

新じゃがは水分が多くみずみずしいので、普通のじゃがいもとはひと味違ったおいしさが味わえるのが魅力です。
水分が多い新じゃがは皮付きのまま茹でることで、余計な水っぽさが抑えられてホクホクと仕上がるうえ、水溶性の栄養素の流出を防ぐこともできます。

まずおすすめしたい新じゃが料理は「ポテトサラダ」!
茹でた後は皮が柔らかくなるため、剥きやすくなります。竹串がささるくらいまで茹でたら、皮を剥き、粉ふきいもにしましょう。あわせる食材は、シンプルに素材の味を引き立ててくれるハムや、生食でもおいしい旬の新たまねぎなどの食材がおすすめ。新じゃがのおいしさも引き立ちますよ。

ちなみに、新じゃがは茹ですぎてしまうとべちゃっとなりがちなので、心配な方は蒸し器や電子レンジ調理がおすすめです。電子レンジ加熱する場合は、じゃがいもを1つずつラップに包みます。加熱時間は、じゃがいも1個につき、600W3分〜が目安です。様子を見ながら加熱してください。

新じゃがおすすめレシピ2:皮付きポテトフライ

新じゃがを使って作る「ポテトフライ」は、皮をむかずにまるごと揚げるのがおすすめ。新じゃがの薄い皮の食感や風味を味わえます。じっくりと火を通し、皮がパリッとするまで揚げましょう。外はカリッ、中はねっとりとした食感が味わえます。

味付けはシンプルに塩、胡椒でも十分おいしいですが、ハーブソルトやカレー粉をきかせるのもおすすめです!そのほか、バター醤油やアンチョビを絡めたり、たらこマヨを添えるなど、幅広いアレンジで楽しめますよ♪
ここからは新じゃがを使ったおすすめレシピをご紹介します!

この時期ならではのおいしさ!新じゃがの粒マスタードサラダ

粒マスタードと甘い新たまねぎが良いアクセントになったポテトサラダです。じゃがいもは、茹でたらしっかりと水気を切り、粗く潰しましょう。新じゃがと同じ時期に出回っている、新たまねぎもいっしょに堪能してみてはいかがでしょうか。

ローズマリー香る!新じゃがの丸ごとポテトフライ

一口サイズの新じゃがを皮ごとフライドポテトに♪ 一度蒸してから揚げ焼きにすることで油の量も少なくなるので、家庭でも作りやすいです。シンプルなじゃがいものうま味と、ローズマリーの香りが魅力的な一品なので、おもてなしにもぴったりですよ。

ごはんにあう!新じゃがの甘辛煮

生姜をアクセントにした、ごはんにぴったりの甘辛煮。肉の旨味がたっぷり染み込んだじゃがいもをたっぷり味わって。多めに作りって余ったら、コロッケにリメイクするもの良さそうです♪

お弁当にも!新じゃがで作るチーズインコロッケ

すこし手間はかかりますが、手作りコロッケの美味しさは格別♪ チーズとほくほくの新じゃがの相性も抜群です。多めに作り、衣をつけたまま冷凍するのもOK!お弁当にもぴったりですよ。

みんな大好きな定番おかず!圧力鍋で作る肉じゃが

新じゃがでいつも少し違う「肉じゃが」にチャレンジしてみませんか?ホクホクとした新じゃがに、玉ねぎの甘みと肉のうま味が詰まった定番の煮物。一度冷ますと味もしっかり染み込んで、さらにおいしくなりますですよ。

この記事の作者

楠本 睦実 さん
楠本 睦実

管理栄養士・フードコーディネーター
栄保育園栄養士として勤務後、ケータリング事業に携わる。その後、料理本や雑誌の料理、料理の魅せ方に興味を持ち、フードコーディネータースクールにて、フードコーディネーターの資格を取得。現在は、コラム執筆や、美味しさの中にも栄養を兼ね備えたレシピ開発、商品開発に携わる。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

季節・話題のランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る