楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

バレンタインに♪ワインに合うディナーレシピ【プロが教える簡単おうちごはん#16】

1,617view 2021/02/04 09:00 応援!おうちごはん
バレンタインに♪ワインに合うディナーレシピ【プロが教える簡単おうちごはん#16】
こんにちは!栄養士の荻ありすです。

コロナ渦で、イベントごともおうちごはんが主流になってきましたね。いつもの食卓とは少し違う、特別に感じたい日のディナーのお供には、やっぱりワイン!

ただ、ワインにあわせる料理となると、ちょっとハードル高そうな感じもありますよね…。

肉料理に合う:赤ワイン
魚料理に合う:白ワイン

と一般的に言われていますが、実は色々な組み合わせ方があるんです!

今回ご紹介する料理のポイントは、すぐに実践できるものばかり◎ちょっとしたコツを知るだけで、ワインとの相性UPすること間違いなしです。

また、鶏肉を使ったワインに合うディナーレシピをご紹介!どんなワインとも相性が良く、ご自宅にあるもので作ることができますよ。おつまみにもどうぞ♪

どんな料理にどんなワインを組み合わせればいい?

料理とワインの組み合わせによって、色々な味わいが生まれます。
その相性のことをフランス語で「マリアージュ」といい、「素材」「調理方法」「味付け」などの要素が影響を与えます。
その他、「ぶどうの品種」「ワインの産地」なども考慮しはじめると、少し難しくなってしまうので、まずは料理の見た目の色から合わせてみましょう!
わかりやすいのでおすすめですよ♪

・白や緑色(ハーブソースや魚介料理など):爽やかな辛口の白ワイン

・濃いめの白や黄色(クリームソースや根菜、茎野菜など):厚み&コクのある白ワイン

・ピンクや赤色(トマトソースなど):フルーティーで軽めの赤ワイン

・紫色や茶色(デミグラスソースなど):渋く重めの赤ワイン

ワインと相性の良い鶏肉を使ったメニューのポイント

どんなワインでも相性のよい食材、それは「鶏肉」です!
鶏肉は様々な料理に変化することができるので、失敗したくないときには鶏肉メニューにチャレンジしてみましょう。

簡単にマリアージュを楽しむには、酸味のある調味料である粒マスタード・黒こしょう・レモン汁などをちょい足しすると、舌になじみやすくなりますよ。
また、飲む予定のワインを料理のソースに少し加えるだけでも相性がぐんとUP!

今回は「ハニーマスタードソースのチキンソテー」をご紹介します。鶏肉×粒マスタードなので、どんなワインでも相性抜群です!
お好みで、ソースに使う酒の代わりに飲むワインを使ってみてくださいね♪

「ハニーマスタードソースのチキンソテー」レシピ

「ハニーマスタードソースのチキンソテー」レシピ
【材料(2人分)】
鶏もも肉:1枚(約300g)
塩こしょう:少々
小麦粉:適量
(A)酒:大さじ1
(A)醤油:大さじ1/2
(A)粒マスタード:大さじ1
(A)はちみつ:大さじ1/2
オリーブオイル:大さじ1/2

【作り方】
1. 鶏肉はフォークで皮目を10か所ほど刺し、塩こしょうをふる。小麦粉をまぶす。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ中火にかける。鶏肉を皮目から焼く。
3. 焼き色がついたら、裏返しフタをして弱火で4~5分ほど蒸し焼きにする。
4. (A)を加えて、鶏肉に絡める。食べやすい大きさに切り、器に盛り付ける。

【ポイント】
鶏肉の皮目にフォークを刺すことで、鶏肉が縮むことを防ぎます。調味料の酒を、お好みのワインに変更することでよりマッチしますよ♪


ワインは種類によって色々な料理との組み合わせ方があります。今回ご紹介したレシピはどんなワインにも合い、さらにご自宅にあるものですぐに作ることができます。
お気軽にワインと料理のマリアージュを楽しんでみてくださいね!

この記事の作者

荻 ありす さん
荻 ありす

栄養士・フードコーディネーター
栄養士資格取得後、給食委託会社で勤務しながら、祐成陽子クッキングアートセミナーに通い、フードコーディネーターの資格を取得。現在は、レシピ開発・撮影、料理動画、コラム執筆など幅広く活躍中。
単身者・料理初心者向けに、食べること・料理することが楽しくなるよう、美味しい時短レシピを提案している。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

応援!おうちごはんのランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る