楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

料理と後片付けをもっとラクに!プロの料理家が教える【驚きのキッチンばさみ活用術】

1,139view 2021/02/19 12:00 料理上手
料理と後片付けをもっとラクに!プロの料理家が教える【驚きのキッチンばさみ活用術】
こんにちは!フードコーディネーターのいのうえ陽子です。

料理がぐんと楽になるキッチンばさみ。でも意外と包材を開けるときにしか使ってないという声もちらほら…。
実際に料理にキッチンばさみを使ってみると、その手軽さや使いやすさに発見があるはずです。

いつもの包丁とまな板というスタイルにキッチンばさみを加えれば、調理途中の包丁とまな板を洗ってから次の食材にというわずらわしさも解消できます!
お料理によってはキッチンばさみだけで調理だってできますよ。

料理が楽になる上に洗い物も減って一石二鳥!
ここからは、キッチンばさみ愛用歴8年の私が、野菜、魚、お肉料理ごとにキッチンばさみ活用術をお伝えします!

キッチンばさみの活用術(1)野菜編

【大きいタイプのキッチンばさみ】
・刃が長いため、小松菜、キャベツ、白菜、水菜などをお鍋やフライパンの上で切りながらザクザク投入できます。直接お鍋やフライパン上でどのくらいの量を入れたか見えるため、「それぞれの食材を切って合わせてみたら足りなかった!多すぎた!」ということもなくなりますよ。
・刃がカーブしていて、しっかり食材をキャッチするので、固いごぼうや人参の乱切りもできます。
・刃がギザギザしていていて味のしみ込みが良くなる点も嬉しいです。煮物はもちろん、卵とトマトの炒め物のような場合でもトマトへの味のしみ込みがぐっと良くなるので時短になりますよ。 

【小さいタイプのキッチンばさみ】
・刃先が鋭利なので、小ねぎ、パセリ、ハーブなど細かく刻みたいときに便利です。まわりに飛び散らないのも嬉しいポイント。
調理の最後に加える食材をキッチンばさみで刻めば、片づけたまな板、包丁を使わなくてすみますね。

キッチンばさみの活用術(2)肉&魚介編

【大きいタイプのキッチンばさみ】
・鶏肉を包丁で切る場合、皮目を下にして切るので、大きさがまちまちになりがちですが、キッチンばさみだと皮目を上にして切れるので均等な大きさに切れますよ。大きさが揃うと火の通りが均一になっておいしくなります。 
・豚肉や牛肉の薄切りは、包丁よりキッチンばさみの方が断然手軽に切れます。生肉をまな板の上で包丁で切ると、脂が残って洗い物も大変になりますが、キッチンばさみだとそれも解消できますね。
・鶏肉のソテー、とんかつなど皮や衣と中の肉の固さが違うものは切る時に崩れやすいですが、キッチンばさみではさんで一気に切れば断面もきれいに仕上げることができます。 
・さんまの筒切りや、お弁当用に切り身魚を半分に切る時も便利。鯛のように骨が固い切り身もちゃんと切れます。ぬめりがあるイカもキッチンばさみの方が簡単です!

【小さいタイプのキッチンばさみ】
・少し面倒なささみの筋取りもキッチンばさみなら簡単です。ささみの筋にそって左右にキッチンばさみで切りこみを入れると、身を崩すことなく簡単に筋を取ることができますよ。
・ガーリックシュリンプなど殻つきのまま調理したい場合は、背側の殻の中央にはさみで切りこみを入れてから身を切ると、きれいに背側が開いて背わたもとりやすく、見た目のボリュームもアップします。

キッチンばさみの活用術(3)その他

【大きいタイプのキッチンばさみ】
・固さのある昆布、春雨はもちろん、チーズ、ハム、ベーコン、ちくわなども楽々に切れます。
・ ホールトマト、アンチョビも缶に入ったままの状態でキッチンばさみを入れてザクザク切っています。わざわざ切るためにとり出さなくてよいので、まな板も不要で楽チンです。
・ピザ、チヂミ、お好み焼き、ホットサンドの切り分けもキッチンばさみで一気に切れば、トッピングや具材をこぼすことなく切り分けられます。

【小さいタイプのキッチンばさみ】
・ナッツは包丁だと砕けやすく粉々になってしまうことがありますが、キッチンばさみならキレイに無駄なく切れますよ。アーモンドの4等分もお手の物です。

料理家愛用のキッチンばさみはこれ!

◆料理家の逸品 カーブキッチンバサミ
鶏肉を切った時の衝撃が懐かしい思い出の1本です。
思った以上に刃のカーブが鶏肉をしっかりキャッチして、滑ることなくしかも一気に切れるので断面がきれい!本当に簡単!と感動しました。
このはさみに出会って、いろいろな食材を切るきっかけに。握りやすい大きめな柄で疲れにくく、しっかり食材をキャッチして切れるところが一番のお気に入りです。

▼公式 料理家の逸品 カーブキッチンバサミ
https://www.kai-group.com/store/products/detail/985

◆栗原はるみ/キッチンバサミ
料理の撮影の仕事の時にいつも持ち歩いている相棒です。先端が鋭利で、とても切れ味が良いので食材の形を整えるのに欠かせません。
また、料理教室でも小ねぎ、パセリ、ハーブを散らす時はこのハサミが大活躍。生徒様にも積極的に使っていただいています。

▼公式 栗原はるみ/キッチンバサミ
https://www.yutori.co.jp/products/detail.php?product_id=543


ちなみにこの2種類はどちらも分解できるタイプではないので、使った後は食器用洗剤で包丁と同じように洗い、しっかり刃を広げて乾かしてからしまってください。
どちらも食器洗い乾燥機にかけられるのも嬉しいポイントです。

最後に

試してみたいキッチンばさみの活用術はありましたか?アイデア次第でもっと活用方法は広がるはずです!

また、災害時の水の貴重な時などにキッチンばさみを使って料理をすれば、洗い物を減らすことができます。防災グッズとしても1本持っておくと便利です。
キッチンばさみはどなたにも使いこなせる道具ですので、ぜひ生活に取り入れて活用してみてください。

この記事の作者

いのうえ陽子 さん
いのうえ陽子

フードコーディネーター・料理家・薬膳コンシェルジュ
大手料理教室で講師をしながら、祐成陽子クッキングアートセミナーでフードコーディネーター資格を取得。
現在は、企業向けのフードスタリング、レシピ開発、広告を中心に活動している。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

料理上手のランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る