今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

味しみ絶品♪おでんの下ごしらえと定番&アレンジレシピ

2,604 view
味しみ絶品♪おでんの下ごしらえと定番&アレンジレシピ

熱々のおでんが恋しくなってくる季節。
じっくり煮込んだおでんは気持ちもほっこり幸せになります^^

おいしく作るためには下ごしらえが重要
おでんの人気食材「大根」は厚めに皮をむき、面取りや表面に十字に切り込みを入れる隠し包丁も忘れずに。
下茹ではできればお米のとぎ汁で。大根は冷たい状態から、沸騰したら火加減を落とします。アクや苦みを取り、味が染みやすくなります。
串がスッと通るくらいになったら丁寧に取り出しましょう。

こんにゃくは隠し包丁をして味をしみこみやすく。また、塩を少しまぶして5分程度置いておくことにより、水気を飛ばして臭みをとります。1分ほど下茹でしましょう。
人気具材の揚げや練り物は煮込む前に熱湯をかけて油抜きすることによっておいしく仕上がります。

食材によって煮込み時間を調整
好みのダシに調味したら食材によって煮込み時間をかえます。
煮崩れもしにくく、おいしいおでんに仕上がりますよ♪

オイスターソースやトマト缶でアレンジ
きちんとだしをとったおでんはおいしい仕上がりに。
また、だしにオイスターソースをちょい足しすると意外にもコクUP♪試してみる価値アリです。翌日のおでんにはトマト缶を入れてみましょう。洋風のおでんが楽しめます。ロールキャベツなどの具材と相性バッチリ。

たくさんの具材を用意するのが大変なときは、大根×お肉でシンプルに二種のおでんも。大根はいろいろな食材と相性が良いので、手羽元以外にも豚肉や牛肉でアレンジしてみても。

(テキスト:山本 和枝)

根菜はじっくりと。練り物は短時間で。

大根などの根菜、卵、こんにゃくはじっくりとコトコト煮込み味をしみこませましょう。ちくわなどの練り物、揚げなどは逆に短時間で煮込むようにすると、煮崩れもなくきれいに仕上がります^^

オイスターソースで旨みアップのだし

だしにオイスターソースをちょい足しすると、コクがアップして味が決まりやすく!
挑戦してみる価値ありです。

おいしいダシに挑戦!

だしからとってみたい方必見。
こちらおぼえておくといろいろなアレンジができます。

だし×トマト缶は相性バツグン♪

たっぷり作った翌日にはトマト缶を足して洋風にアレンジも♪
だしとトマトの風味、とっても合うんです。ロールキャベツなどを足しても◎。

定番の牛すじ以外のお肉でも

定番の牛すじのほかにも、手羽や豚バラ肉などもとてもおいしく仕上がります。
大根と手羽元だけのシンプルなおでんもおいしいですね。

作者紹介

山本 和枝
フードコーディネーター・調理師
TV・WEB・CMなど映像でのレシピ考案・調理・フードスタイリング、企業商品のレシピ開発・スタイリング・スチール撮影などの傍ら、「お料理の基礎からアレンジまで楽しく美味しく!」をモットーに料理教室を開催。
自らが発酵食品の魅力に魅了された近年は、無農薬味噌作り教室も実施。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
鍋料理
おでん
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト

あなたにイチオシの商品

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲味しみ絶品♪おでんの下ごしらえと定番&アレンジレシピのページ上部へ