今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

ほくほくとろ~り♪「さつまいも×チーズ」で絶品おかず

5,763 view
ほくほくとろ~り♪「さつまいも×チーズ」で絶品おかず

さつまいもが旬
秋になり旬を迎えるさつまいも。ほくほく甘いさつまいもはそのままでももちろん、煮物やきんぴらなどの料理、スイートポテトやパウンドケーキなどお菓子作りにも万能に使える食品ですよね。
そんなさつまいもですが、いつも同じような料理になってしまうという声も。

じゃがいもの代わりにも◎
さつまいもの使いこなしテクとしておすすめなのが「じゃがいも」の代わりに使うこと。いつもはじゃがいもで作る味噌汁やポテトサラダなどをさつまいもで作ると新たなおいしさを発見できます。

チーズと合わせて甘じょっぱく♪
この時期のおすすめさつまいも料理は、チーズを合わせて作る甘じょっぱい料理です。ほんのり甘いさつまいもにとろとろで塩気のあるチーズを合わせることで絶品に。
チーズはたっぷり入れるのがおすすめです。チーズタッカルビやコロッケなどのメインおかずだけでなく、マッシュしたさつまいもを食パンにチーズとともに乗せてトーストにすれば朝ごはんにも使えるんです。

さつまいもの品種によって味わいも異なる
さつまいもとひと言で言っても、ほくほく食感が特徴の紅あずま、ねっとり食感が特徴の安納芋、きれいな紫色の紫芋などさまざま。さっぱり食べたい時は紅あずま、甘味を最大限にいかしたい時は安納芋など料理に合わせて使い分けるのがおすすめです。ぜひ、この時期にさつまいも料理をいろいろ作ってみてくださいね。

(テキスト:管理栄養士 若子 みな美)

市販品を賢く使って時短グラタン

グラタンをホワイトソースから手作りするとなかなか時間がかかりますよね。市販品を活用すれば時短にグラタンが作れますよ。
鶏肉とさつまいもを入れることでボリュームアップして家族ウケも◎

レンジ加熱で時短に

かぼちゃとさつまいもをレンジで加熱しておくことで加熱時間を短縮。具材に小麦粉をふりかけて牛乳を混ぜていけば、簡単にホワイトソースも作れますね。
かぼちゃとさつまいも、異なる甘さの食品を組み合わせた贅沢グラタンです。

定番の韓国料理もお家で作れちゃう

すっかり定番になった韓国料理のチーズダッカルビもフライパンでらくらく作れます。さつまいもを大きめに切っておくことでホクホク食感がいきますね♪
チーズは最後にたっぷりかけて召し上がれ。

とろ〜りチーズがおいしいコロッケ

マッシュしたさつまいもの中にベーコンとチーズを入れてコロッケにすれば、食べるときにとろ〜りチーズがお目見え。塩気のあるベーコンも味のアクセントに◎。
たくさん作ってもあっと言う間になくなりそう。

朝ごはんにも使えるトースト

食パンにさつまいもとチーズを乗せてトーストすればできあがり。ボリュームもたっぷりで朝から元気が出そうですね♪

作者紹介

若子 みな美
管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
人気メニュー
コロッケ
さつまいもコロッケ
食材:
野菜
さつまいも
各国料理:
韓国料理
チーズタッカルビ
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト

あなたにイチオシの商品

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲ほくほくとろ~り♪「さつまいも×チーズ」で絶品おかずのページ上部へ