今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

今日から捨てない!大根の葉はこんなに優秀食材だった!

7,992 view
今日から捨てない!大根の葉はこんなに優秀食材だった!

●ふりかけに
細かく刻み、フライパンでじっくり炒め、醤油やみりんなどで調味し、パラパラになったら完成です。
ごまやじゃこ、カリカリ梅などを加えると、風味や食感もアップし絶品ふりかけに!
ごはんのお供やおにぎりに混ぜてお弁当に入れてもいいですね。

●お漬物に
食べやすい長さに切り、塩で揉み、一晩漬けるだけの手軽さが嬉しい漬物は、彩りがない日の食卓にちょこんと添えたい一品です。
お好みで鷹の爪や柚子の皮、塩昆布などを入れて漬ければ、毎日でも飽きない手作り漬物の完成です。

●和え物、炒め物に
小松菜やほうれん草などの青菜と同じように使えます。
油揚げと一緒に煮浸しにしたり、豚バラ肉と一緒に炒め物にすれば、立派なおかずに。
煮浸しや和え物の際は、塩茹でしてから和えるときれいな色が保てます。

●スープの具材に
お味噌汁やコンソメスープ、中華スープなど汁物の具材としても◎。
食材や色味が足りないな~と思ったときに、さっと使えるよう、冷凍保存しておくと便利です。
大根の葉は新鮮なうちに塩茹でし、好みの長さに切ったら、小分けにラップで包み冷凍します。凍ったままスープの中に入れることができます。

捨ててしまうのはもったいない大根の葉、ぜひこの機会に使ってみてください。

(テキスト:宇田川 みさき)

白ごはんに合う!大根の葉とカリカリ梅とじゃこのふりかけ

カリカリ梅の食感と、じゃこや白ごまの香ばしさがたまらない大根の葉のふりかけです。
白ごはんにのせるのはもちろん、おむすびに混ぜても彩りがよく、お弁当にもぴったりです。
焦げないよう、中火でじっくり炒めるとパラッと仕上がります。

柚子が香る♪さっぱり食べられるお漬物

大根の葉と大根に柚子の皮とお酢を加えた漬物は、香りも味わいも爽やか!
大根の千切りも入っているので、食感も楽しめます。
箸休めや、こってりした主菜の横に添えるのにぴったりな一品です。

めんつゆで失敗知らず!大根の葉と油揚げの煮浸し♪

油切りした油揚げをめんつゆで煮て、茹でた大根の葉と和えるだけの簡単さが嬉しい副菜です。
調味料はめんつゆだけなので、味付けも簡単です。
大根の葉を先に茹で、めんつゆで一緒に煮ないところが、きれいな緑色に仕上げるポイントです。

大根の葉も豚バラと一緒なら主菜に!ごはんが進む味噌炒め

葉付き大根がたくさん手に入ったときにオススメなのが、大根の葉を炒め物の材料として使うこと。
大量の大根の葉も炒めると消費しやすく、豚バラ肉と味噌炒めにすると立派な主菜になります。

大根の葉入り☆白菜ベーコン玉ねぎのスープ

白菜や玉ねぎなど色味が少ないスープに、鮮やかな大根の葉を入れれば、見た目もグッと美味しそうに♪
中華だし、コンソメ、お味噌汁など色々な汁物に合うので、試してみて下さい。

作者紹介

宇田川 みさき
料理家・栄養士・ビューティーフードアドバイザー
カフェレストランやケータリング、バリスタなど様々な飲食業界で経験を積んだ後、大手料理教室で講師を務め、調理の技術研修や料理・パンの教科書、栄養素関連の書籍執筆にも携わる。
現在は自宅で料理教室「Vege&Tsubu&Coffee」を主催。2児の母としても奮闘中。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲今日から捨てない!大根の葉はこんなに優秀食材だった!のページ上部へ