今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

白砂糖と黒砂糖、美容に良いお砂糖はどっち??

2,712 view
白砂糖と黒砂糖、美容に良いお砂糖はどっち??

白砂糖と黒砂糖、いったい何が違うの?

白砂糖と黒砂糖の原料は同じ「サトウキビ」ですが、製法が異なります。
黒砂糖はサトウキビから絞った汁を煮詰めて作るシンプルな製造方法です。

白砂糖はサトウキビ(もしくはてん菜)から絞った汁を煮詰め不純物を取り除き、何度も精製するために透き通るようなきれいな白色をしています。

白砂糖と黒砂糖は栄養面や味の面でも違いがあります。
黒砂糖はほとんど精製されていないため、糖分に加えてサトウキビ本来のミネラル分なども残っています。そのため、独特のコクがあり柔らかい甘みとなっています。

それに比べて白砂糖は手間をかけて精製しているので、シンプルに甘みを感じることができ、黒砂糖に比べるとすっきりとした甘さです。

美容には黒砂糖がおすすめ!?

どちらも「砂糖」であることには変わりがないのですが、せっかく選ぶのであれば黒砂糖をおススメします。
その理由はやはり栄養面にあります。

既述の通り、黒砂糖にはサトウキビ本来の栄養素が残っており、100gあたりのエネルギーは354kcal、カリウムが1100㎎、骨や歯の健康に役立つカルシウムが240㎎、鉄が4.7g含まれています。(※1)

それに比べると白砂糖(上白糖)では100gあたりのエネルギーは384kcal、カリウム2㎎、カルシウム1㎎、鉄はほとんど含まれないという結果になります。(※1)

用途によって使い分けるのがベター!

黒砂糖は白砂糖に比べるとエネルギーも少なく、ミネラルがたっぷり含まれていることがわかりますが、実際にお料理に使うとなると「味」にも影響があります。

淡白な素材とあわせると、ミネラル独特の風味が素材の邪魔をしてしまうことがあったり、白く仕上げたいものが真っ黒になってしまう・・・なんてこともあったりします。
黒砂糖に初めて挑戦する!という方は、味見をしながら使用するとよいでしょう。

砂糖に含まれる「ブドウ糖」は脳にとっても体にとっても大切なエネルギー源です。
1日にどのくらい食べるべき、という明確な決まりはないものの、やはり摂りすぎると血糖値の乱高下を招く原因となり、肥満や体の不調の原因にもなります。
食事の時間を決めて、おいしく適量をいただくようにしましょう!

(※1)実教出版編修部(2014)『オールガイド食品成分表2015』実教出版 参照

(テキスト:管理栄養士 磯村優貴恵)

作者紹介

磯村 優貴恵
管理栄養士・料理家
関東学院大学人間環境学部健康栄養学科を卒業。
大手ダイエットサロンでの食事指導の際に具体的なメニューや調理法の必要性を感じ、退職後3年間の料理経験を積む。
現在は子供から大人まで家族みんなが美味しく食べられるレシピや栄養情報を誌面やWebにて発信するほか、商品開発なども手掛ける。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲白砂糖と黒砂糖、美容に良いお砂糖はどっち??のページ上部へ