今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

節約食材「もやし」と「豆腐」でパパっと作ろう♪ボリューム満点晩ごはん

17,989 view
節約食材「もやし」と「豆腐」でパパっと作ろう♪ボリューム満点晩ごはん

主菜をかさ増し&パパっと副菜に便利な「もやし」

1袋20~30円ほどで購入できるもやしは、まさに家計の味方!他の食材とともに炒めれば、簡単にかさ増しができてボリュームアップ。
また、電子レンジで加熱してナムルにするも良し、スープに入れるも良し、と副菜にも万能に使えます。


料理によって使い分けたい「豆腐」

もやしとともに節約食材にあがるのが豆腐。豆腐は大きく分けると、絹ごし豆腐と木綿豆腐になりますが、この2つの違いは製法にあります。

まず、豆乳ににがりを加えて固めて作られるのが絹ごし豆腐です。絹ごし豆腐はやわらかくて滑らかな舌触りが特徴で、そのまま食べるサラダや冷奴などに向いています。

一方、木綿豆腐は、豆乳とにがりを固めてから、布を敷いた容器に入れて圧力をかけ、水分を抜いて固めて作られています。食感がしっかりしているので炒め物などによく使われます。


もやし&豆腐は火通りが早いので時短調理に◎

もやしと豆腐は、火通りが良いので調理時間を短縮できるのも嬉しいですよね。
この2つと冷蔵庫の余りものなどを合わせれば、麻婆豆腐や野菜あんかけ豆腐、チゲスープなどが簡単に作れます。ぜひ、毎日の料理にもやしや豆腐を活用してください。

(テキスト:管理栄養士 若子みな美)

野菜たっぷりの辛くない麻婆豆腐

野菜をすべてみじん切りにしておくことで、豆腐とからみやすくなりますね。
辛みを付けずに作ることで、お子様にも食べやすいのが嬉しいですね。

お家にある材料で作れるメインおかず

もやし、豆腐、卵、豚肉などの節約食材で作るチャンプルーは家計の味方♪
豆腐を炒める前に、電子レンジで水切りしておくことがポイント。

もやしと豆腐でチゲスープに

豆腐、もやし、キムチなどがあれば作れるチゲスープは、あと一品という時に簡単に作れますよ。
ご飯を加えて雑炊風にするのもおすすめです♪

豆腐を崩して和え物にも使おう!

水切りした豆腐をもやしなどの野菜と和えれば、副菜としても使えますよ♪
作り方さえ覚えておけば、アレンジの幅がひろがります。

豆腐に具だくさんの“あん”をかけて即席おかずに

もやしやぶなしめじ、カニカマなどを具材にしたあんかけは、さまざまな食感が1度に味わえて食べごたえも◎。

作者紹介

若子 みな美
管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲節約食材「もやし」と「豆腐」でパパっと作ろう♪ボリューム満点晩ごはんのページ上部へ