今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

食事のスピードが「速い子・遅い子」その原因と改善方法は?

10,327 view
食事のスピードが「速い子・遅い子」その原因と改善方法は?

食べる速さは、子どもにどんな影響がある?

食べるのが速い子は、よく噛まずにまる飲みしてしまうことで胃腸に負担がかかり、消化不良や腹痛を起こしやすくなります。また、早食いは肥満になりやすいこともわかっています。(※1)

食べるのが遅い子は、小食になりがちで、それが習慣化すると、活動するためのエネルギーや成長に必要な栄養が不足してしまいます。家ではゆっくり食べられても、時間の決まっている幼稚園や学校の給食ではそうはいきません。集団生活の場合、時間内に食べ終えることができず、後の予定が遅れるなど、周囲に影響が出てしまう場合もあります。

食べるのが「速い・遅い」の原因

食べるのが速い子は、ひと口の量が多い、食材をよく噛まずに食べているなどが原因のひとつです。よく噛まずに飲み込んでしまうと無意識に食べるスピードは速くなります。また、1人で食事をすることが多い子どもも、会話をせず黙々と食べることになるため早食いになりがちです。

食べるのが遅い子は、食事の時間にお腹が空いていない、ひと口の量が少ない、遊びなど他のことに興味が向いてしまっている、そもそも食に興味がないなどの原因が考えられますが、性格のマイペースさや、唾液の量が少ないなど元々の体質が関係することもあります。

どのようにすれば改善できる?

食べるのが速い子には「よく噛む」ことを意識させましょう。食材は大きめに切り、やわらかくし過ぎず歯ごたえを残せば、自然と噛む回数が増えます。ひと口の量が多い子は、小さめのスプーンやフォークを使うのがおすすめです。家族と楽しく会話しながら食べるのも、早食いの改善に繋がる可能性もあります。

食べるのが遅い子は、まず食事に集中できる環境を整えましょう。テレビやおもちゃなど気が散る原因を取り除き、食事の時間に空腹になるよう生活リズムを見直すことも大切です。食事量は多くし過ぎず、30分位で食べきれる量を。「全部食べられた!」という達成感の積み重ねで、食に対する興味や意欲をUPさせましょう。

おすすめレシピ

食べるのが速い子には、噛み応えのある食物繊維が豊富な食材の入った料理がおすすめ。食材は子どものひと口サイズよりも大きめにカット。れんこんや人参で根菜の煮物や、ざく切りにしたキャベツときゅうりのサラダ、きのこや海藻類をたっぷり入れた汁物も良いですね。

食べるのが遅い子には、ご飯に野菜炒めと目玉焼きをのせて丼にしたり、ハンバーグやチキンライスなどをワンプレートにしてお子様ランチ風にするのも食べやすくおすすめです。

(テキスト: 管理栄養士 板垣 好恵)

(※1)『厚生労働省』「早食いと肥満の関係 -食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-10-002.html
(2018.3.3アクセス)

子どもが喜ぶ「ワンプレート」料理♪

作者紹介

板垣 好恵
管理栄養士・ヘルスフードカウンセラー
十文字学園女子大学人間生活学部食物栄養学科を卒業。
「食の大切さ、手作りの楽しさや幸せ」を伝えるため、大手料理教室にて料理・パン・ケーキの講師を務め、1万名以上の生徒を担当する。
現在は、妊活中の女性・妊婦さん・産後ママに向けての料理教室や食事指導、栄養セミナーを行う他、雑誌のコラム執筆、商品開発、イベント出演など多方面で活動中。一児の母。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲食事のスピードが「速い子・遅い子」その原因と改善方法は?のページ上部へ