今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

美容アイテムにもなる「おやつ」の選び方とは!?

1,721 view
美容アイテムにもなる「おやつ」の選び方とは!?

おやつは美容アイテムのひとつになれる!

私たちの身体は食べているものでできています。そのため、おやつも内容が重要になります。
ひとくちに「美容」といっても、お肌のトラブル予防や便秘対策など、気になることは人それぞれだと思います。

選ぶおやつによって摂れる栄養素も変わってきますので、まずは悩みや、なりたい自分を明確にすることから始めましょう。

お悩み別の上手なおやつの選びかた

美容に関する悩みの中でも多く聞かれるのが、お肌の調子と便秘。こちらをピックアップしてご紹介します。

・肌のトラブル

お肌の悩みの一つには紫外線があります。紫外線を多く浴び活性酸素が大量に発生するとお肌の細胞が傷付けられて肌トラブルの原因にもなります。この活性酸素を抑える抗酸化作用を持つのがビタミンCやEです。

ビタミンCは果物にも多く含まれますので、この時期ではきんかんやいちごなどのフレッシュなフルーツがオススメです。そして、お肌のうるおいには良質な油分も必要です。アーモンドやクルミには良質な油分とビタミンEが含まれています。

・便秘

便秘の原因には様々ありますが、腸内環境を整えることが鍵となります。腸内環境を整えるのに役立つ乳酸菌はヨーグルトやキムチ、納豆などに含まれます。また、乳酸菌などのいわゆる善玉菌のエサとなる食物繊維は果物にもナッツにも含まれます。プレーンのヨーグルトにフルーツやナッツを入れておやつにするというのもオススメです。

おやつ選びの時に注意することは?

美容アイテムとしておやつを取り入れるときに気をつけたいのが「質」です。
油分も糖分も健康な身体作りには必要な栄養素です。そのため摂るときは「質」にこだわりましょう。

おやつとして選ぶときは加工されたものではなく、なるべくフレッシュなものや精製度の低いものを選ぶことがポイントです。ナッツでも油や塩で加工されていないものを選ぶ、フルーツも加工された缶詰よりも旬のフレッシュなものを選ぶことをおすすめします。

おやつの質を高めることで毎日の生活の中でおいしい美容アイテムを増やしてみませんか。

(テキスト: 管理栄養士 磯村 優貴恵)

オススメのおやつレシピ3選

作者紹介

磯村 優貴恵
管理栄養士・料理家
関東学院大学人間環境学部健康栄養学科を卒業。
大手ダイエットサロンでの食事指導の際に具体的なメニューや調理法の必要性を感じ、退職後3年間の料理経験を積む。
現在は子供から大人まで家族みんなが美味しく食べられるレシピや栄養情報を誌面やWebにて発信するほか、商品開発なども手掛ける。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
その他の食材
ヨーグルト
食材:
果物
春の果物
いちご
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲美容アイテムにもなる「おやつ」の選び方とは!?のページ上部へ