今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

冬の定番「みかん」でダイエット!みかんダイエットのやり方は?

2,840 view
冬の定番「みかん」でダイエット!みかんダイエットのやり方は?

みかんダイエットとは?

みかんダイエットとは、食前に1つみかんを食べるダイエット法です。1日3回みかんを食べるだけなので、だれでも始めやすく、手軽に始めることができます。

正しいやり方は?

みかんダイエットで大切なポイントは「食前に食べること」と「白い繊維を取らずに食べる」ということです。食前に食べることによって、食事の量を無理なく減らすことが一番のポイントです。また、みかんの内側の皮と白いスジのような繊維も一緒に食べることも大切です。この繊維をしっかり食べることで、食物繊維がおなかで膨らみ、食べすぎを防いだり、腸内環境を整えることができます。さらにみかんと一緒に水などノンカロリーの水分も取ると、よりよいでしょう。

おすすめの理由は?

みかん1つのカロリーは40kcal前後なので、低カロリーです。また、みかんに含まれる栄養素は、ダイエット中にもよい食材といえます。ペクチンにはコレステロールの吸収を抑制する働きがあります。また、抗酸化作用やコラーゲンの生成にも役立つビタミンCも多く含まれ、クエン酸には疲労回復なども期待できます。

失敗例や注意点

みかんダイエットでの注意点は、食べすぎを防ぐことがポイントになるので、食事の取りすぎには注意する必要があります。また、みかんに含まれる「カロテン」が、皮膚を黄色っぽくしてしまうこともあるので、皮膚の色が気になってきたら、1日2回に減らしたり、カロテンの多いものの摂取を控えた方がよいでしょう。ただし、皮膚が黄色くなっても健康上には問題ありません。
また、缶詰のみかんを食べたり、1食をみかんだけに置き換えることはやめましょう。

おすすめの食べ方やレシピ

みかんダイエットでは、そのままみかんを食べますが、紅茶やハーブティーに入れたり、スムージーに入れる、ヨーグルトに入れるなど、色々なアレンジができます。また、これからの寒い時期には、トースターや電子レンジで温めて食べるのもおすすめです。みかんを焼くことで、甘みが増し、よい香りがします。電子レンジで温める際には爆発の恐れがあるので、温めすぎには注意して、みかんの皮に穴をあけてから温めるようにしましょう。

(テキスト: 管理栄養士 岡田 あや)

飽きずにみかんを楽しむためのレシピ3選

作者紹介

岡田 あや
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
果物
冬の果物
みかん
目的・シーン:
健康料理
低カロリー・ダイエット
低カロリーお菓子
【Googleアシスタント×楽天レシピ】サービス開始!
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲冬の定番「みかん」でダイエット!みかんダイエットのやり方は?のページ上部へ