今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

秋の味覚!旬を迎える「いちじく」をたっぷり使った上品スイーツに挑戦!

3,386 view
秋の味覚!旬を迎える「いちじく」をたっぷり使った上品スイーツに挑戦!

無花果という漢字の由来

いちじくを漢字で書くと「無花果」となります。私達が実の部分だと思って食べているところは、いちじくの花の部分なんです。そのため、外側からはいちじくの花が見えないことから、この字が使われていると言われます。

いちじくの選び方と保存方法

全体的に赤く色づいていて、丸みをおびて形が良く、傷などがついていないものを選ぶのがおすすめです。また、切り口などが傷んでいないかもチェックすると良いですよ。お尻が開いているものは完熟しているサインで食べごろです。

いちじくは日持ちがしないので、購入後はなるべく早く食べてしまうのがおすすめです。どうしても食べきれない場合は、コンポートやジャムにすることで、長期保存できます。また、コンポートやジャムにしておくと、パンに塗ったりヨーグルトに添えて食べるのはもちろん、スイーツ作りにもそのまま使えます。いちじくの味を長く楽しめますね♪

ドライいちじくとは?

ドライいちじくとはいちじくを干したもので、和菓子や洋菓子、グラノーラなど多くのスイーツに欠かせない食材です。同じいちじくでも、生のいちじくとは違ったおいしさがあるので、作りたいスイーツに合わせて使い分けられると良いですね。

(テキスト: 若子 みな美)

紅茶が香る大人向けスイーツ

紅茶のリキュールを入れることで、大人味のスイーツに。いちじくと紅茶はよく合いますね♪ 秋の夜長に楽しみたいスイーツです。

いちじくジャムにして長期保存!

いちじくをメープルシロップ、三温糖とコトコト煮ればできあがり♪ いちじくの甘さとメープルシロップの風味が相性GOOD!パンやヨーグルトによく合いますよ。

ドライいちじくで作る簡単ケーキ

ドライいちじく、ホットケーキミックス、水切りヨーグルトなどの少ない材料で作れるケーキです。

赤ワインで煮るいちじくのコンポート

いちじくが食べきれない時に作りたいコンポート。スイーツ作りにも使えます♪ 赤ワインで煮て上品な味になります。

クランブルたっぷりのタルト

いちじくをシロップ煮にしてから作るタルトです。タルト生地はホットケーキミックスを使うことで、簡単に♪クランブルをたっぷり乗せて食感&風味アップ!

作者紹介

若子 みな美
管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
果物
夏の果物
イチジク
食材:
その他の食材
ホットケーキミックス
料理:
お菓子
パウンドケーキ
料理:
お菓子
タルト・パイ
タルト
料理:
お菓子
クリーム・ジャム
その他のジャム
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲秋の味覚!旬を迎える「いちじく」をたっぷり使った上品スイーツに挑戦!のページ上部へ