今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

美容にもおすすめ!「甘酒ダイエット」とは?

2,412 view
美容にもおすすめ!「甘酒ダイエット」とは?

甘酒ダイエットの正しいやり方

甘酒ダイエットとは、1食を甘酒に置き換える方法です。豆乳と混ぜて飲む方法もメジャーで、その場合はより栄養価があがります。甘酒は糖質が中心なので、置き換える場合は朝がおすすめです。また、お菓子の代わりに間食を甘酒を飲むのもよいですが、置き換える方が短期間で痩せやすくなります。よくある置き換えダイエットの中では、栄養価が高く腹持ちもよいダイエット法です。

「飲む点滴?」―甘酒の栄養

甘酒が飲む点滴と言われるのは、その豊富な栄養素からです。ビタミンB類が多く、円滑なエネルギー代謝や疲労回復をしやすくするので、夏バテにもおすすめです。また、アミノ酸も含まれています。食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌も含まれているので、腸内環境を良くし、お通じを良くすることができます。甘酒は、肌荒れや美容を気にする方にもおすすめです。

カロリーは100g当たり約80kcalなので、満足感の割には低カロリーといえます。間食として取り入れる場合は、量に気を付けないと太りやすくなるので、注意しましょう。

注意点は?―米麹から作られたものを選ぶ!

甘酒は、米麹から作られているものと、酒粕から作られているものがあります。酒粕から作られているものは、砂糖が添付されているのでダイエット向きではありません。また、微量のアルコールが残っている場合があるので注意しましょう。米麹から作られた甘酒は、アルコールは入っていないので、どなたでも安心して飲めます。いずれにしても、買う際には、砂糖が添加されていないものを選びましょう。

おすすめアレンジレシピ

甘酒のアレンジとしては、豆乳や牛乳をお好みの割合で混ぜるのもオススメです。タンパク質を摂取できますし、甘酒が甘すぎると感じる場合は飲みやすくなります。ダイエット中は、無調整豆乳や無脂肪乳と合わせるようにしましょう。また、トマトジュースと割ると低カロリーなので、カロリーがとくに気になる方にはよいですね。いずれのレシピも、そのものが苦手でも、割ることで美味しく飲める場合が多いので、ぜひ試してみてください。

他にも、コーヒーやココア、きな粉を入れたり、バナナ、キウイ、りんごなどのフルーツをつぶしたりミキサーにかけてまぜて飲むのもおすすめです。

(テキスト: 管理栄養士 岡田 あや)

手作り甘酒とアレンジアイディア

作者紹介

岡田 あや
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
飲みもの
お酒
甘酒
季節・イベント:
夏(6月~8月)
夏バテ対策
楽天レシピメルマガ会員募集中!
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲美容にもおすすめ!「甘酒ダイエット」とは?のページ上部へ