楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

【花嫁キッチン】レッスン#6: 和食の味付け&お袋の味「肉じゃが」をマスター

3,200view 2017/04/07 06:00 花嫁キッチン
【花嫁キッチン】レッスン#6: 和食の味付け&お袋の味「肉じゃが」をマスター
和食で人気のメニューと言えば肉じゃが。「肉じゃが=お袋の味」とも言われているように、日本男児の愛する料理ですね。そんな肉じゃがを始めとする、和食の味付けには「さしすせそ」という基本があります。この「さしすせそ」をマスターして、「得意料理は和食です!」と言えるようになりましょう♪

和食の基本「さしすせそ」とは?

和食を味付けするときの基本になる調味料に「さしすせそ」というものがあります。聞いたことがある人も多いのでないでしょうか?

その調味料とは、
さ・・・砂糖
し・・・塩
す・・・酢
せ・・・醤油
そ・・・味噌
のことです。

そして、この「さしすせそ」には、を入れる時の順番にポイントがあり、それは「さしすせそ」の順に入れることです。これは「味の染み込みやすさ」と「風味を活かすこと」を考慮した順になっています。

砂糖と塩を比べると、砂糖の方が塩より分子量が大きく、食材に味が染み込みにくいため、砂糖を塩より先に入れることで、砂糖の味をしっかりと食材に染み込ませることができます。
また、醤油や味噌はあまり煮込みすぎると風味が飛んでしまうことにつながるので、最後の方に入れます。

この順番は、肉じゃがだけでなく多くの和食作りに共通します。また、「さしすせそ」のすべての調味料を使用しなくても、この順に入れることが基本となるので、ぜひ覚えておきたいポイントです♪

関東と関西ではお肉に違いが!

「肉じゃが」とひと言で言っても、使う食材や味付けはさまざまで、一般的には、関東では豚肉を使用し、関西では牛肉を使用しているという点が大きく異なります。同じように味付けしても、肉の種類が違えば味も異なります。

「関東出身の彼なら豚肉」、「関西出身の彼なら牛肉」を使って肉じゃがを作ってあげれば、きっと喜んでくれるはずです。

(テキスト: 管理栄養士 若子 みな美)

まずは基本の肉じゃがをマスター!

まずマスターしたいのが定番の肉じゃが!食材にしっかりと味が染み込んだ肉じゃがで彼の胃袋を掴んでみては?

電子レンジを使えば短時間で作れる♪

短時間で肉じゃがを作りたい時には電子レンジ調理がおすすめです。約15分で作ることができるので、お仕事などで帰宅が遅くなってしまった時に助かりますね。

牛肉&甘めの味付けで関西風に

牛肉を使用した関西風の肉じゃがです。甘めの味付けで、お弁当にも使えそうですね♪

鶏肉派は鶏もも肉を使って作ろう!

鶏肉・じゃがいも・玉ねぎで作る肉じゃがは、大きめに切った鶏もも肉がゴロゴロと入っていて、鶏肉好きにはたまらない一品に♪

この記事の作者

若子 みな美 さん
若子 みな美

管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

花嫁キッチンのランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る