楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

鶏もも肉&フライパン1つでもOK!「ローストチキン」を上手に作るコツ

6,778view 2017/12/06 07:00 料理上手
鶏もも肉&フライパン1つでもOK!「ローストチキン」を上手に作るコツ
クリスマスの献立やおもてなしにぴったりなローストチキンは、なんとなく難しいイメージがありますよね。味付は塩こしょうにハーブなどとてもシンプルで、付け合せの野菜も同時に焼けるので、オーブンに入れてしまえば、他の料理に取りかかれて実はとっても楽チン。

鶏一羽のローストチキンは食べ切れなくても、サンドイッチやリゾット・スープなどにもアレンジできるのでご安心を。肉が取りきれなくても、後で、鶏ガラとして煮ると余すことなく食べられるので、無駄にはなりません♪それでもやはり一羽はハードルが高いなら、骨付き鶏もも肉でも本格的なローストチキンができますよ。さらに手軽なら、骨なしの鶏肉でもOK!

一羽でももも肉でも、クリスマスに絶対美味しいローストチキンを作れるように、失敗しないコツをご紹介します。

ローストチキン調理のコツ

<骨付き肉編>

鶏肉の水気をよく拭き、表面に塩こしょうをすりこみます。オリーブオイルを入れたフライパンで焼色をつけてからオーブンにおまかせするか、根気よくフライパンで火が通るまで焼きます。

マリネ液に漬け込む場合には鶏肉に塩こしょうをした後にフォークで穴を開け、味を染みこみやすくします。はちみつ、醤油、みりん又はワイン、にんにくやお好みのハーブなどでマリネ液を作って、鶏肉を半日~1日冷蔵庫で漬け込んでから焼きましょう。焼いている間にマリネ液を塗りながら仕上げると美味しくなります♪

<鶏丸ごと一羽編>

水気を拭いたら、表面・お腹の中に塩こしょうをすりこみ、ハーブやにんにくバターなどをお腹の中に詰めます。ハーブはローズマリー、タイム、サージ、パセリ、セロリの葉などが定番ですが、お好みの組み合わせを使ってOKです。もち米も入れると焼き汁が染み込んだピラフも一緒にできちゃいますよ♪

中身を詰めたチキンは鉄板に乗せ、オーブンでじっくりと焼きます。途中で焼き汁をかけたりすると味が均等になり、美味しく出来上がります。最後に天板にたまった汁でグレービーソースを作り、焼き上がったローストチキンに絡めれば完成!

骨付きもも肉で!フライパンとオーブンのW調理で失敗知らず

焼き目をフライパンで付けた後はオーブンにおまかせ!皮はパリッとお肉はジューシーで、にんにくがきいたシンプルな味付けも王道。

パーティーにもおすすめ!手羽元ローストチキン

食べやすいように工夫されたので、小さな子供も参加の友人同士のパーティーなどにもおすすめ。甘辛い定番味で子供達も大満足♪

手羽先でも!お酒を楽しみたい大人のクリスマスに

お酒を楽しむ大人のクリスマスなら手羽先のローストチキンがピッタリ!お財布にも優しくて、チョイ食べにも、もってこいですね♪

フライパン1つでお手軽!本格派のローストチキン

しっかりマリネ液に漬け込んだ方が味が染みて美味しいですよ!フライパン1つでできるのも嬉しい♪

もち米入りで絶品♪ 一羽丸ごとローストチキン

クリスマスといえば、一羽丸ごとの豪華ローストチキンがやっぱりイチオシ!お腹に詰めたもち米がチキンの出汁が染み込んで美味です♪ はちみつを付けたテリテリの焼き加減も食欲をそそりますね。

この記事の作者

楽天レシピ編集部 さん
楽天レシピ編集部

「楽しく美味しく、みんなを笑顔に♪」をモットーにレシピの紹介記事を発信しています。お気に入りのレシピを見つけて、是非あなたもつくってみてくださいね♪

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

料理上手のランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る