現在地
 > 

銀杏の保存方法

料理の基本 豆知識

秋の景色の代表格のイチョウの実、銀杏。
茶碗蒸しやがんもどきなどの具に使われるほか、そのまま塩ゆでしたものはおつまみとしても人気ですね。
銀杏は殻のままの物は冷蔵保存で長期間保存が可能です。
また下処理をして中の実だけを冷凍保存しておけば、いつでも簡単に秋の味覚を味わうことが出来ます。

関連する野菜秋野菜ぎんなん(銀杏)のレシピ情報もチェック。

豆知識レシピ
殻つき銀杏の保存方法
炒り銀杏の冷凍保存
ゆで銀杏の冷凍保存
豆知識コラム
銀杏の旬
銀杏の選び方
関連コンテンツ
関連する豆知識 関連する料理レシピまとめ 関連する作り置きレシピまとめ

殻つき銀杏の保存方法

9月銀杏の保存

9月銀杏の保存

材 料(1-2人分)
  • ギンナン

    10粒~

  • 大さじ1

おいしくなるコツ
若い銀杏はお店で売っている時にすでに干からびてしまっている事があります
 信用できるお店で買うことと できるだけ早く食べる事と思います
  1. 1

    9月にギンナンを入手したら
    そのまま放置する前に1個割ってみてください

    もし薄皮が白ければ
    そのギンナンは若く
    風通しのいいところに置いても2-3日で実がしぼんだりかびたりします

  2. 2

    冷凍をすると1年程度持ちますが 風味が損なわれ苦みしか残らなくなるので

    とりあえず応急措置をとります

    水にぬらして絞ったキッチンペーパーにのせ

  3. 3

    包んで ジップパックなどに入れ
    保湿しながら乾燥を防ぎ
    冷蔵庫の野菜室に入れます

    これでカビず干からびず1カ月程度はもちます

  4. 4

    食べる時は
    殻に割れ目を入れます
    我が家ではクルミ割りを使っています
    SSサイズから4Lサイズまで割れて便利です

  1. 5

    いちばん簡単で美味しいのは
    そのまま 鍋に塩と入れて10分程度弱火でいりいりして食べる事と思います

  2. 6

    翡翠色の実に焼き塩をたっぷり押しつけて頂きます♪

炒り銀杏の冷凍保存

わが家の銀杏冷凍保存方

わが家の銀杏冷凍保存方

材 料(約50人分)
  • 銀杏

    300g

  • サラダ油

    大さじ0.5

  • 小さじ1

おいしくなるコツ
焦げ付きを作らないようにフライパンをゆすりましょう
割ったときに弾力のないものは捨てましょう
  1. 1

    銀杏と銀杏割りを用意します
    写真の物が使いやすいです

  2. 2

    銀杏の殻を割り薄皮だけの状態に剥きます
    (炒る時間が短くなります)

  3. 3

    硬くなっているものやしわくちゃなものは除きます

  4. 4

    フライパンを熱して銀杏・、サラダ油・塩を入れ蓋をして強火で6分フライパンを時々ゆすりながら炒ります

  1. 5

    銀杏が透き通った感じになればOKです

  2. 6

    薄皮を剥きます
    (千枚通しで刺しキッチン手袋で剥くと簡単です)
    冷めてから冷凍パックに入れて冷凍します)

ゆで銀杏の冷凍保存

今が旬!   「銀杏の下処理&保存」  ♪♪

今が旬!   「銀杏の下処理&保存」  ♪♪

材 料(1回人分)
  • 銀杏

    100g

  • 少々

おいしくなるコツ
銀杏割りがあると便利です。
はじけるのでふたをして炒ってください。
(#^.^#)
  1. 1

    銀杏は、あれば銀杏割りで割っておくと便利です。なければそのままでもOKです。

  2. 2

    フライパンに銀杏を入れてふたをして中火で炒ります。ゆすりながらパ~ンとはじける音がしたらOKです。(5分くらいかな…?)

  3. 3

    まな板の上に数個取り出し、タオ等をかぶせて手のひらをのせて、体重をかけて割れ目を入れます。そして殻をはずして下さい。

  4. 4

    3の段階で剥けてることもありますが、薄皮が残ってるので、鍋に水と少量の塩を入れて沸騰させます。

  1. 5

    銀杏を入れて、お玉でごろごろさせると薄皮がむけます。それでもむけないものは手で剥いて下さい。

  2. 6

    薄く広げてラップに包んで冷凍します。

  3. 7

    お塩を付けて食べると美味しいです。

銀杏の旬

銀杏の旬は9月~11月です。
銀杏は焼くだけで十分おいしいので、気軽に食卓に取り入れられますね。
通年手に入れることはできますが、料理に一粒入っているだけでも秋を感じさせることができるので、是非旬の時期に使いたい食材です。

銀杏の選び方

殻が白くつやのあるもの、粒が大きくよく乾燥したものが良いでしょう。
殻が黒ずんでいるものは古くなった証拠なので避けましょう。
銀杏は一度にたくさん食べると消化不良を起こす可能性があると言われています。
美味しい食材だけについつい食べ過ぎてしまいますが、子供は1日5粒、大人でも10粒程度に控えましょう。

ぎんなん(銀杏)に関連する豆知識

ぎんなん(銀杏)に関連する保存方法、下処理、ゆで方や炊き方など、お料理のコツやヒントを集めました。

ぎんなん(銀杏)に関連する料理レシピまとめを見る

献立に困ったときに大活躍! ぎんなん(銀杏)に関連する人気レシピのまとめページをご紹介します♪

調味料で楽しむ「ぎんなん」レシピ
調味料で楽しむ「ぎんなん」レシピ

みそ / オイスターソース / ごま油 の人気レシピまとめ

主役の食材変えて作る「銀杏」入り茶碗蒸し
主役の食材変えて作る「銀杏」入り茶碗蒸し

えび / 鶏肉 / かにかま の人気レシピまとめ

「銀杏」を使ったお米のレシピ
「銀杏」を使ったお米のレシピ

炊き込みご飯 / おこわ / おにぎり の人気レシピまとめ

秋を食卓から感じよう!「銀杏」レシピ
秋を食卓から感じよう!「銀杏」レシピ

おつまみ / 銀杏ご飯 / 茶碗蒸し の人気レシピまとめ

【Googleアシスタント×楽天レシピ】サービス開始!
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲銀杏の保存方法のページ上部へ