現在地
 > 
 > 

ぶりかまの焼き方

料理の基本 豆知識

ぶりかまは、焼く前に血抜きをしましょう。
流水で血を洗い流すだけで、簡単に魚の生臭さを取り除くことが出来ますよ。
洗った後は、しっかりとペーパーで水気をふき取りましょう。
脂のたっぷりと乗ったぶりかまは塩焼きがおすすめ。
焼くときに表面が焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせると良いでしょう。
関連するぶりのレシピ情報もチェック。

豆知識レシピ
【魚焼きグリル】ぶりかまの焼き方~塩焼き~
【オーブン】ぶりかまの焼き方~照り焼き~
豆知識コラム
ぶりの旬
ぶりの選び方
関連コンテンツ
関連する豆知識 関連する作り置きレシピまとめ

【魚焼きグリル】ぶりかまの焼き方~塩焼き~

すだち香る★ぶりかまの塩焼き

すだち香る★ぶりかまの塩焼き

材 料(2人分)
  • ぶりかま

    大1本

  • 粗塩

    適量

  • すだち

    1個

おいしくなるコツ
粗塩を振って、水分を出して丁寧に拭き取り臭み抜きをします。
  1. 1

    【下準備】
    ぶりかまを流水でよく洗い、血合いを除きます。

    キッチンペーパーで拭き取り、切込みを入れて粗塩を満遍なくしっかりと振ります。
    冷蔵庫で30分程置きます。

  2. 2

    出てきた水分をキッチンペーパーで丁寧に拭き取ります

    皮側に粗塩を振り、グリル中火で、皮を下にしてしっかり焼き色が付くまで両面焼きます。

  3. 3

    出来たら、すだちをたっぷりと絞ってどうぞ♪

【オーブン】ぶりかまの焼き方~照り焼き~

簡単豪華♪ぶりカマの照焼き♪

簡単豪華♪ぶりカマの照焼き♪

材 料(1~2人分)
  • ぶりカマ

    1個(300g程度)

  • ★しょうゆ

    大さじ3

  • ★日本酒

    大さじ3

  • ★みりん

    大さじ1

  • 保存パック

    1枚

  • ストロー

    あれば1つ

  • 大根おろし(あれば)

    適量

  • レモン(あれば)

    適量

  • 日本酒(洗う用)

    適量

おいしくなるコツ
保存パックの中の空気を抜く事によって、全体に漬けダレが回って、少しの量の漬けダレで味が染みこみます。
なお、油の多い部分なので、油の量によっては、味が染みこみにくい場合もあります。
その場合は、漬け込み時間を長めにして下さい。
  1. 1

    鰤を日本酒で洗う。

    ★の調味料を合わせて漬けダレを作っておく。

  2. 2

    鰤を保存パックに入れる。

  3. 3

    タレも保存パックに入れ、パックの中の空気を出来るだけ抜く。(ストローを使うとわりと簡単に抜けます。)

  4. 4

    そのまま、平らな器に入れて、冷蔵庫で一晩漬ける。(※万が一、漬けダレが漏れても大丈夫なように、器に入れて下さい。)

  1. 5

    一晩漬けたぶりカマです

  2. 6

    オーブンシートの上に鰤を乗せ、200℃のオーブンで20分~30分、焼く。

  3. 7

    ※※焦げすぎた場合は、途中でアルミホイルを被せて下さい。※※

  4. 8

    できあがり~
    良い色に焼きあがりましたぁ~
    中までほんのり味が染みていて美味しいです♪

  1. 9

    ※ 私は前日の夜に仕込んで、翌日の夕食に焼いてます♪

ぶりの旬

ぶりの旬は12月~2月、冬の代表的な魚です。
旬の時期にとれる「寒ぶり」は、脂がのり身が締まった状態で、特に美味しと言われています。
養殖ものが多く出回り、天然ものはとても高価となっていますが、ぶりかまは比較的安く手に入れることができます。

ぶりの選び方

体に光沢があり、身がしっかりと締まっているものを選びましょう。
血合いの色が鮮やかなもの、また皮にも光沢があり、きれいな色をしているものが鮮度の良い証拠です。
切り口がキレイで、パックに血汁が出ていないかどうかも、チェックすると良いでしょう。

ぶりに関連する豆知識

ぶりに関連する保存方法、下処理、ゆで方や炊き方など、お料理のコツやヒントを集めました。

【Googleアシスタント×楽天レシピ】サービス開始!
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲ぶりかまの焼き方のページ上部へ