現在地

ご飯の炊き方

料理の基本 豆知識

ごはんの炊き方でとても大切なのは、お米に水を十分吸水させることです!
お米の中心部分の「でんぷん」まで十分に水を浸透させることを浸漬(しんせき)といいます。お米は最初の30分間で急速に吸水し、約2時間でほぼ飽和状態になります。お米の芯からふっくら炊き上げるために欠かせない工程です。
白米を炊く前には30分ほど浸水させて、おいしいご飯を炊きましょう♪
(文/料理家・井澤由美子)

関連するその他の目的・シーン料理のちょいテク・裏技のレシピ情報もチェック。

豆知識レシピ
土鍋を使った炊き方
ルクルーゼを使った炊き方
フライパンを使った炊き方
新米の炊き方/栗ごはんレシピ
もち米の炊き方/お赤飯レシピ
豆知識コラム
お米の量り方
お米の研ぎ方(吸水について)
お米の研ぎ方(手の使い方)
お米の研ぎ方(お水の取り替え)
関連コンテンツ
関連する豆知識 関連する料理レシピまとめ

土鍋を使った炊き方

土鍋でご飯

土鍋でご飯

材 料(2人分)
  • お米

    1合

  • 1カップ(米用)

おいしくなるコツ
2)で沸騰したら穴から吹きこぼれるので、コンロが汚れるのが嫌な方は沸騰した後すぐ弱火にしてください。沸騰するまで約1分程。
1人用の土鍋は、100均一に売ってます。
  1. 1

    お米を2~3回研いで、冬場は30分以上浸水させる。(1時間だと確実にふっくらです)

  2. 2

    お鍋に浸水させたお米、分量のお水を入れ、蓋をして、沸騰するまで強火で。

  3. 3

    沸騰したら、弱火に変えて、5分。その後はコンロからおろして、鍋敷きを敷いて15分蒸らす。

  4. 4

    蒸らす際、冬場はタオルで包んで保温させると良いです。

ルクルーゼを使った炊き方

[ル・クルーゼ公式] おいしいご飯(白米)の炊き方

[ル・クルーゼ公式] おいしいご飯(白米)の炊き方

材 料(2人分)
  • 1合(180cc)

  • 1カップ(200ml)

おいしくなるコツ
16cm:米1合(180cc)、水1カップ(200ml)
18cm:米2合(360cc)、水2カップ(400ml)
20cm:米3合(540cc)、水3カップ(600ml)
22cm:米4合(720cc)、水4カップ(800ml)
  1. 1

    お米を洗い、20分ほど水に浸しておく。

  2. 2

    鍋に米と分量の水を入れ、フタをして中火にかける。
    注意:強火は厳禁です!(中火とは、炎が鍋底の中央部分にあたっている状態)

  3. 3

    沸騰させる。
    注意:沸騰しているかどうか分かりにくければ、フタを取ってのぞいてもOK!

  4. 4

    沸騰したら、弱火にし、10~13分炊く。(弱火とは、炎の先は鍋底までがかなり空いている状態)

  1. 5

    熱源からおろしてフタをしたまま10~15分蒸らす。

  2. 6

    空気を含ませるようにやさしく混ぜる。

フライパンを使った炊き方

節電★フライパンでご飯を炊く方法

節電★フライパンでご飯を炊く方法

材 料(3人分)
  • 2合

  • 水(米から5mm程度上まで)

    450cc

  • 蓋つきのフライパン

    1個

おいしくなるコツ
これは断水時・停電時など「緊急時のお米の炊き方」です。
米をとがなくても大丈夫です。
浸水させる時間がないときも大丈夫。
【おいしく炊く方法】とはことなるかもしれませんが
ひとつの方法として 緊急時の参考になればよいかと思います。
  1. 1

    米をフライパンに入れる。
    水を入れる。
    20分ほど浸す(浸さなくても問題ないです)

  2. 2

    フライパンに蓋をして3分強火
    沸騰させる。
    弱火で14分。

  3. 3

    蓋を取らずに10分蒸らす。

    蒸らし終わったら蓋を取り
    混ぜる。

新米の炊き方/栗ごはんレシピ

旬だから~栗の新米ごはん♪

旬だから~栗の新米ごはん♪

材 料(2人分)
  • 新米(ミルキークイーン)

    2合

  • 生栗

    15個位

  • 塩(藻塩)

    小1位

  • 日本酒(料理酒)

    大2位

  • 昆布

    一枚

おいしくなるコツ
材料それぞれ新鮮なものを使うと、少々適当に作っても美味しくできるんですね。
旬の食材に感謝!
あまった栗ご飯はラップでおにぎりにして、翌日の朝食に。冷えても美味しいよ。
  1. 1

    生栗は熱湯に2、30分漬けておき(または少し煮る)、とりだして、皮を包丁で丁寧にむくと形がきれい。
    むいた栗は水に漬けておく。

  2. 2

    新米を研ぎ、分量の水で炊く準備をする。そこから水を大2ほどすくい出し、酒と塩を加える。
    昆布は米の上にそっと置く。

  3. 3

    新米の上に栗を敷き詰め、ふつうに炊飯する。
    炊きあがり、形がきれいな栗はよけてから混ぜ合わせると、盛り付けが素敵にできます。

もち米の炊き方/お赤飯レシピ

失敗しないお赤飯@炊飯器

失敗しないお赤飯@炊飯器

材 料(3合分   人分)
  • もち米

    2カップ

  • うるち米

    1カップ

  • 茹で小豆

    1カップ位

  • 小豆のゆで汁

    450cc

  • ゴマ塩

    少々

おいしくなるコツ
小豆をゆでる時は、豆が割れるので、差し水はしないでね。
小豆の水煮缶を使うと手っ取り早いです。
  1. 1

    もち米2カップ、うるち米1カップを洗い、ざるに上げておく。

  2. 2

    炊飯器に1を入れ、小豆のゆで汁、小豆を入れスイッチON。
    (茹で汁が足りない時は水を足して450ccにする。)

  3. 3

    炊き上がったら、他の容器にあけ、ゴマ塩をふって出来上がり。

  4. 4

    《5合の時》
    もち米3カップ、うるち米2カップ、小豆のゆで汁と水を合わせて炊飯器の目盛り4.5に合わせて炊く。

お米の量り方

お米を研ぐ前に、ひとつ気をつけたいことはお米の量り方です!
正確にお米を1合ずつ量ることが、美味しいごはんを炊くことにつながります。量る分量に毎回誤差があると、水加減が異なることとなり米の炊き上がりに影響が出てしまいます。
【お米の量り方】
① 1合180mlの計量カップを使い、山盛りに米を詰め入ます(一度軽くゆするとカップにしっかり詰まります)。
② 箸などを使って、すり切り1杯を量り、あふれた余分な米を除きます。これで1合となります。

お米の研ぎ方(吸水について)

はじめに水を加えたら、ゆっくりせず手早く進めましょう!
せっかくきれいな水を吸わせても、ゆっくりしているとお米についていた「ぬかの臭い」を吸ってしまいます。軽く2~3度底から混ぜたら、すぐに水を捨てましょう。
次に研ぐ工程に入るので、水はしっかり切っておくことが重要です。

お米の研ぎ方(手の使い方)

ほぼ水が切れた状態で、米を研ぎ始めましょう。指をボールを握るような手つきで、シャカシャカと20回程度『ボウルの中をかきまわすように』して研ぎます。力を入れすぎずに、同じ方向にぐるぐるとかき混ぜてください。ボウルに水を入れて白く濁った研ぎ汁を捨てます。底の方に濃い研ぎ汁が残ることがありますので、捨てる前に、一度底から軽く混ぜてから捨ててください。

お米の研ぎ方(お水の取り替え)

素早く「水をためて研ぎ汁を捨てること」を合計3回程度行ってください。うっすら米が透けて見えるくらいの透明度になるはずです!
この程度の透明度で米の研ぎは終了です。あとはそのまま浸水させて鍋で炊くか、炊飯器で美味しく炊くかしてください。透明になるまですすぎを繰り返すとお米の栄養や旨味が無くなってしまいますので、注意してください。

料理のちょいテク・裏技に関連する豆知識

料理のちょいテク・裏技に関連する保存方法、下処理、ゆで方や炊き方など、お料理のコツやヒントを集めました。

料理のちょいテク・裏技に関連する料理レシピまとめを見る

献立に困ったときに大活躍! 料理のちょいテク・裏技に関連する人気レシピのまとめページをご紹介します♪

「ふわとろ」に仕上げる裏ワザ
「ふわとろ」に仕上げる裏ワザ

オムライス / 親子丼 / お好み焼き の人気レシピまとめ

楽天レシピメルマガ会員募集中!
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲ご飯の炊き方のページ上部へ